働き者の素朴な顔

2015年10月30日 富山県は南砺(なんと)移住145日目

実るほど頭を垂れる稲穂かな

黄金色に輝く稲が風にたなびく
かとうしぜん農園は稲刈りの季節

日本人として
八十八の神が宿る“ 米 ”を
知っておきたかった

黒米と赤米

ひとりで刈るより
ふたりで刈るより
さんにんで刈るより
みんなで刈ると
お喋りしながら愉快で
元気がみなぎるのさ

刈りながら移動して
十文字にかさねていたら
理にかなった動きの跡には
綺麗な紋様が描かれてた

ぬかるんだ稲田だってへっちゃら
手も顔も長靴も泥んこまみれで戯れる
イモリの憩いの場を邪魔してしまい
すこしだけ一緒に遊んだら
“ ごめんなさい ”を言って住み家へと帰す

横一列になって稲穂を藁で縛る講習
巻いて藁と藁を重ねて
ぐるんと回してで
何度見本をやってもらっても
理解できなくって
不思議で 不思議で
絶対 魔法を使ってるとケタケタ笑う

手分けしてお昼御飯の準備
かとうしぜん農園で収穫した
玄米おにぎり
栄養満点の豚汁
みんなで持ち寄りの
春菊やカブの葉の和え物
両手を合わせて“ いただきます ”
嗚呼 全部 美味しい

嘘みたいな大雨に降られ
家で黒胡麻を鞘から粒落とし
ひと握りの胡麻
甘い芳醇な香りが漂い
指先から生命の源が伝わる

流れる雨雲
貴重な晴れ間
それ今しかない

落穂拾い
ジャン=フランソワ・ミレーの
名画を思い出し
見渡せばいつの間にか
人間も風景もなにもかも
その絵の世界に飛び込んでいた

細い畦道を稲穂の束を抱えて綱渡り
雨に濡れてズシリと重たい
なぜだろう
心の中では“ ありがとう ”とつぶやいている

吐く息は白く
雨宿りしながら
温かいお茶を飲み談笑
お喋りは続くよどこまでも
規則正しく並んだ杉の木
刈った稲穂をはさ掛けにして自然乾燥

黄金色の稲穂の絨毯を背景に
恥ずかしがり屋たちの
照れくさそうな集合写真

働き者の素朴な顔
この顔が好きだ

metio 移動式フェアトレードショップ
https://m.facebook.com/justa.organika.metio/

なんときくばりPROJECT
https://m.facebook.com/kikubari/

井上隊員ブログ
http://nantolife.blog.fc2.com/

株)ワールドリー・デザイン
http://worldly-design.jp

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s