僕は絵本作家だ 言葉の力を信じている

2015年7月27日 南砺移住50日目

福光は南砺市立中央図書館にて
大人から子どもへ読み聴かせる絵本

処女作「ほんの小さな物語」
挿絵 谷村 友
物語 伊㔟谷 千裕

第二作「太陽と月の歌」
画家 多田 知史
物語 伊㔟谷 千裕

展示していただける事になりました

えほんのコーナーなのか
青少年図書のコーナーなのか
アート書のコーナーなのか
新着本のコーナーなのか
はたまたビニールでコーティングするべきか
紙の温もりを触れられるようにするべきか
貸し出し可能にするべきか
図書館のみでの読書にするべきか
僕の絵本の魅力が最も輝ける方法を
これでもかってくらい親身に考慮してくれた
館長の若田さん
図書主任の本田さん
心からありがとうございます

僕の描く物語はファンタジーだ
現実を突き詰めて突き詰めた
その先に広がる超現実主義の向こう側

そこには不幸な境遇の人間が
そこには惨めに打ちひしがれる人間が
そこには眼を覆いたくなる卑怯な人間が
そこには報われない人間が
それでも種を蒔く

あまりにも狂った出来事が
平然と起こる世界に
染まってなるものかという抗い

いつか眺めて心奪われた
水平線に沈む夕陽の処へ
希望の旗を掲げたいのだ

僕は絵本作家だ
言葉の力を信じている

image

image

image

image

image

image

image

image

image

人間と人間が 心の底から笑顔でいる光景を 少し離れたところから眺めるのが 僕は好きなんだ

2015年7月26日 南砺移住49日目

朝早く
僕が暮らす大鋸屋村の
草刈り掃除に参加

真夏の太陽 燦々と
むせる蒸気 草いきれ

触った事もない草刈り機を
組長の山土さんから指導してもらった
刃を地面に平行にすることや
回転する方向に合わせた動作や
刈った草が溝につまらないように
撒き散らすテクニックなど
役に立つ技能がひとつ増えて
あの顔も この顔も その顔も
見渡せば
どの顔も額に汗を流す嬉び
少しくらいは僕も
村人の顔付きに成れただろうか

この日がやってきた
待ち遠しかった
大鋸屋村の熱おくり納涼祭
村人のほとんどが集結しての大宴会
生ビールで乾杯し
熱燗で迎え入れられ
僭越ながら
皆様の前で御挨拶をさせていただいた

生きているというより
生かされている
成れない土地での暮らしが
毎日こんなにも充実した日々であるのは
いつも頭の片隅で
僕を気にかけてくれる村人のおかげなのだ
恩義に報いるのは人としての道理

今日という日は
もう死ぬほど喰って
死ぬほど飲む事にした

鮎の塩焼きのあまりの美味しさ
頭から骨から内臓から尾びれまで
10匹以上はペロリと平らげ
岩魚の骨酒の盃を呑み交わし
僕はほろ酔いになり
夜風にあたりに外へ出る

人間と人間が
心の底から笑顔でいる光景を
少し離れたところから眺めるのが
僕は好きなんだ

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

哲学的には答えは無数にあり 数学的には答えはたったひとつ

2015年7月25日 南砺移住48日目

TED x Himi
「魚釣&魚捌きアクティビティ – go fishing – 」

釣り針に餌を付け
海を泳ぐ魚を釣り
生きたまま捌いて
美味しく命を食す

その時 一匹の小さな魚が釣れた
「この魚どうする?」
「食べるー」
「小さくて可哀想だから逃がそうよ」
「じぁ大きければ可哀想じゃないの?」
「やっぱり食べる」
「えー逃がそー」

哲学的には答えは無数にあり
数学的には答えはたったひとつ
命に答えなんてあるのかな

大人から子どもへ大切なことを伝え
子どもから大人が大切なことを思い出す

帰りがけに
魚々座で行われていた
氷見市地域おこし協力隊の佐座さんの
富山湾で漁獲できる豊富な450種類の
魚クイズワークショップに顔を出した
漁業の魅力の完全に虜になった彼は
敬意を表して敢えて呼ばせていただく
魚馬鹿だ

「50の手習い塾」
高橋 幸代さんの講演会
「自分ができる価値づくり」
宮城県は栗原市で
食は地域を知る近道をテーマに
観光ツーリズムの活動をされている
お盆のお供え物や農作業の小昼
子どものお菓子として食されてきた
ミョウガの葉焼きを体験する
黒蜜の上品な甘さと
胡桃がなんとも香ばしい

食に始まり
食に終わった

TED x Himi
https://m.facebook.com/profile.php?id=1610575219178798

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

道具とは人間の使い方で 善にもなれば悪にもなる

2015年7月24日 南砺移住47日目

「地域おこし・都市農村交流情報交換会」
at 富山県民会館

新潟県は十日町市地域おこし協力隊
3年の任期満了後 NPO法人を立ち上げた
多田 朋孔 氏の講演
「地域おこし協力隊制度を上手く使いこなす
持続的な地域づくり」に出席
一年目 二年目 三年目と
どのように地域との交流を深めたかや
具体的な活動内容と心構えを
図や表や数字 言葉で
今の自分の状況や立ち位置を
とても分かりやすく説明していただき
目指すべき未来の道標となった

黄昏時
福光 熱おくり納涼祭
エコビレッジ課のワークショップ
竹で箸作りのスタッフをする
間伐材の竹で普段何気なく使っている箸が
作るとこんなにも大変なのかと体験してもらい
苦労した分 ご飯のありがたみや
美味しく食べてもらおうという試み

小さな子どもに小刀を扱わせるのは
正直 神経を研ぎ澄ますし本当に怖いモノ
ただそこには
自分が怪我をするかもしれないし
他人に怪我をおわせてしまうかもしれない
責任が伴い
道具とは人間の使い方で
善にもなれば悪にもなると
学んでくれれば本望だ

最近 設立した団体
南砺市に暮らすママたちが
安心して子育てを楽しんでほしい
そんな想いから産まれた
様々な情報を提供するポータルサイト
“ ecoto maman ”のポスターが
熱い祭りの大通りを可愛く演出する

子どもを喜ばせる為だけで終わった
南砺での初めての夏祭りは
高い建物を軽く越えた打ち上げ花火が
胸を震わせる程の爆発音と同時に
大輪の花を見事に咲かせ
最後の一瞬まで漂う煌めきの余韻

夢まぼろしの如く
そこかしこで盆踊りが
艶やかに鳴り響く

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

昆虫の視点で迷宮の世界を 冒険

2015年7月23日 南砺移住46日目

みんなカラフルなカッパを着て
NEXCOさんのCSR事業で
合掌の森 PROJECTの
荒井さんと由宇さんに誘われ
世界文化遺産 五箇山合掌造りの
茅場の草刈りに行く

前回 初めましてのメンバーが
今回 お久しぶりですとなる

そして南砺市エコビレッジ構想の
桜ヶ池に移築された合掌造り「かず良」の
有効活用の会合でお逢いした
金沢大学の学生も
合掌造りや茅場の勉強をしたい
ということで手伝ってもらう事にした

茅葺き職人歴五十年の
亀清さんにも再会できて
まずは茅葺きを肥料に蒔いた
五箇山ぼべら畑の大きく育った
実の下にクッションを敷く
青々と生い茂った草花に囲まれて
頭をうずめてのぞき込むと
まるで昆虫の視点で迷宮の世界を
冒険している気持ちになる

傾斜の厳しい茅場の草刈りも
慣れてきたのか
あっという間に終わり
かりやすとススキの見分けも
簡単にできるようになる

作業終了後
亀清さんの工房で
合掌造りの貴重な資料を見せてもらい
歴史の生き証人のお話しを聞かせていただいた

茅場の伝統再生復活と
人手不足解決や持続可能な構造
いま考えうる最大限の発想を
金沢大学の学生と一緒に勉強する
先祖代々の素晴らしい茅場は
すでに何ヶ所かあるのだが
倒木や土砂で通行止めになっていたり
ロープウェイが故障して
行く事が不可能な現状
スキー場は茅場に最適という斬新な独創性
しかしながら雪が降り積もる前に
茅をしっかり刈り取ってしまわないと
雪崩が起こりやすいと課題は山積

いつの日か
複雑に絡み合った糸を
少しずつ少しずつ
ほどいてゆけるように

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

なにが正しくて なにが間違っているかは わからない

2015年7月22日 南砺移住45日目

繰り返しの毎日
繰り返しの毎日
湧々農場はトマトが一生を終える
植物は動かないようでいて
動物よりもはるかに動いている
とさえ想てくる

昨日まで無かった葉が一枚増え
昨日まで無かったツルが巻き付き
昨日まで無かった花が咲き誇り
昨日まで無かった実が成り
昨日まで生きていた命が朽ちてゆき
土着菌が腐敗と醗酵と紙一重の
人類の叡智を越えた
幾何形の藝術を産み出す

あんなに晴れていた空も
次第に土砂降りの雨となる
そんな夜
大福寺で弓道の見学させていただいた
もちろん稽古の写真撮影は禁止
談笑しながら
道場の雑巾掛けを手伝い終えると
胴着に着替えた男性女性の計五人が
精神を統一して
凛とした空気が漂い
一切の会話が皆無になる
静寂の闇に包まれたかと思えば
降りしきる雨の音が
全ての雑音をかき消す
前方にも横にも後方にも
確実に人は存在する
ひとつひとつに意味がある所作
気が遠くなる程の時間
無言を貫き通し
弓の弦が張り詰め
矢が放たれる
眼を瞑っても感じる人間と人間との
絶妙な距離感 絶妙な間合い 絶妙な呼吸
絶妙な法則 絶妙な原理

なにが正しくて
なにが間違っているかは
わからない

僕には銀河を自転と公転する
輝く太陽系の星々に
想てきてならなかった

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

この命なにに燃やそうか

2015年7月21日 南砺移住44日目

利賀村はmoribio 森の暮らし研究所の
代表理事 江尻 美佐子さんに
クロモジ茶や林業について
地域おこし協力隊
麻衣ちゃん いのっちと
お話を伺いにゆく
クロモジは刈り取っても
7年で成長するという事で
自然に群生するクロモジを
7つの場所を順番に収穫していて
生産量を調整しながら
その生態系を守っている
クロモジ茶と山紫陽花の甘茶を
混ぜ合わせたお茶を
ご馳走になったのだけど
喉を突き抜ける清涼感と
ほのかに香る甘みが
新感覚の美味しさだった

そして林業
戦後の焼け野原の復興の為
先人が子どもや孫の世代を考えて
木材として杉の木を植え
70年間 大切に育ててきたが
今や海外の安価な木材に市場を奪われ
間伐の行き届かない人工林が
たくさん残ってしまっているのが現状
杉の木の有効利用
そして伐採した森にまた杉を植えるのか
原生林に戻すのかを真剣に考えておられる
利賀村の辺りでも
自然環境の変化は露骨に表面化し
二酸化炭素の排出量など
ものすごく勉強されていた

そう僕らの暮らしは
ガソリンだったら中東から
パンを食べれば小麦はオーストラリア
お手頃な価格の服は東南アジアと
否応なしに世界と繋がっている
地球の裏側で起こっている天変地異は
僕らの責任なのだ

お腹がぺこぺこになり
またぎの店主の店 髙千代へ
御主人 四郎さんのオススメで
熊鍋雑炊セットを食す
メニューに書かれた言葉

『 生きる物を殺して
商いをするなんて本当は
悪の為ですよね。
でも私達は植物も
動物も生きているものを
食して生きています。
だから私達は
食べる前に手を合わせ
自然の育みに感謝して
「 あなたの命を“ いただきます ” 」
と言ってから
全てを口にするのです。
おいしくいただいて
にこやかに帰って行かれる
お客さまな笑顔が
私の一番の喜びです(店主)』

人は絶食をしてから
たったの3日間で死に絶えるという
『食べる』
僕らは他の生き物の命を奪って
己の血や肉や骨とする事での
あまりにも儚い約束された72時間
それは生きながらえの
命と命の契約

この命なにに燃やそうか
(一社) moribio 森の暮らし研究所
http://moribio.com

image

image

image

image

image

image

これが農業なのだと 大自然の洗礼を受ける

2015年7月20日 南砺移住43日目

いつものように
無農薬 有機栽培
炭素循環農法を実践されている
湧々農場で土壌を創る
収穫を終えたズッキーニ畑を
種になる数個を残し
粉砕し耕し発酵した草を撒き
農作物の一生を垣間見る

無風状態の湿った空気が
息を吸うだけで体力を奪い
うだるような灼熱の太陽
意識は朦朧とし
何遍も水を頭からかぶり
汗なのか鼻水なのか
ヨダレなのか小便なのか
訳が分からなくなる程
頭のてっぺんから足のつま先まで
でろでろにずぶ濡れで
おやつのスイカに身体が水分を欲し
顔をうずめてむしゃぶりつき
なりふり構わず泥にまみれて働く

果たして僕は汚いのだろうか
無菌の都会は綺麗なのだろうか

これが農業なのだと
大自然の洗礼を受ける

あまりの暑さに吉田 稔さんが
冷たい湧き水を飲みにゆこうと僕を誘う
二つ返事で行きましょうと答え
細い畦道を軽トラックが
ガタンガタンと揺れながら走る

日陰にひっそりとおわす
絶えることない湧き水
虫の鳴き声が遠くまで響き渡り
湯のみに新鮮な水を汲み交互に飲む
全てがいいんだ
ごくごく湧き水を飲むと
冷んやりとした感覚が食道を流れ
肺のあたりを通過し胃袋へ
身体が蘇るのを感じる

こんな時に限って
カメラを持ち合わせていなく
写真を一枚も撮ることができない
僕は諦め この瞬間 瞬間を
脳裏に焼き付けることにした

寫眞は真実を写し出し
虚構を切り取った世界

本当に大切な想い出は
心の奥底にある
魂に刻み込んだところにしか
存在し得ないのだ

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

僕にとって初めての「 友達 」と呼べる人ができた

2015年7月19日 南砺移住42日目

早朝から
大鋸屋村では田んぼの周辺に
イノシシ対策の電気柵を取り付ける作業
昨夜 泊まりにきた藤川くんも
こんな良い機会はないと急遽参加
ちなみに松冨くんは
疲れが溜まりすぎてダウン
南砺には「 結 ( ユイ ) 」や
「 合力 ( コーリャク ) 」という
お金ではなく労働力を等価交換する
相互扶助の精神文化が残っており
村人総出での一大行事
広い青空の真下
汗びっしょりになるも
なんとも清々しい気持ち

「じょうはな わんだ〜らんど」
城端別院善徳寺の隣り真覚寺に
小さな小さな靴が並ぶ
普段は厳かなお寺の境内が
所狭しと賑やかなお祭り空間に変化
ずっと還さなきゃと思ってた使用済みの
「なんときくばりプロジェクト」
の間伐材の割り箸を川田 真紀さんの手元へ
井波彫刻の田中 孝明さんにも逢えて
なんとも女性的な感性は
僕の描く言葉の世界と通ずるものがあった
書道家 美幸さんのワークショップでは
早速「 結 」の漢字のカレンダーを作り
最後に企画の一葉ちゃんの感謝の挨拶
声を震わせ頬をつたうひとすじの輝き
嬉し涙は美しい

約束していた
僕の暮らす大鋸屋村の高桑夫妻と松本夫妻に
夕御飯と花火に招待していただいた
同世代の家族の手料理とお酒に
終わらない屈託のない会話
「お父さん お母さん 見て見て」と
儚い花火にはしゃぐ子ども達
飾らない自分でいられた貴重な瞬間
南砺に移住してから
本当にたくさんの人と出逢った
魅力的な人 尊敬する人 活動的な人
温かい人 刺激的な人 情熱的な人

僕にとって初めての
「 友達 」と呼べる人ができた

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

夏になると馬鹿が出現する それもまた風物詩

2015年7月18日 南砺移住41日目

夏が来た
黙っていても額には汗
陽が暮れた頃
堰を切ったように
城端温水プールへと
本能が赴くまま
鳥が夜空を羽ばたき
夏になると馬鹿が出現する
それもまた風物詩
波打つ水面を浮遊し眼を瞑る
自分の心臓の鼓動が聴こえ
流れる血液が細胞の隅々まで
行き渡るのを感じる
底まで潜って口から泡を吐き
ドルフィンリングを創って遊ぶ
泡沫の輪の軌道を追いかけ
水底から眺める水面の輝きは
神々しく揺らぎ
息を止めている間だけの胎児の世界

夜中の十二時過ぎ
株式会社 APITECの取締役であり
一般社団法人REBIRTH PROJECT
CROWD GOVERNMENT LAB.の
メンバーでもある
藤川くんと松冨くんが
泊まりにやってきた
彼は栃木県は那須塩原市の
地方創生に尽力しており
いろんな県を視察に
長野県 石川県は金沢市
そして富山県は南砺市や砺波市を
訪ねている途中に
僕の家に寄ってくれた
夜も更けていたので
ビール一杯で寝るつもりが
吉報や難題と話は盛り上がり
ビールは二杯になり三杯になり
立山の梅酒のロックまで飲みだす始末

友と善い酔い酒の夜

image

image

image

image

image

image

image