大晦日

2015年12月31日 富山県は南砺(なんと)移住207日目

大晦日

一年で時間を最も大切する一日

やり残したことは
地元の友達に逢うこと

ガタンッ ゴトンッ
電車に揺られ
どことなく照れ臭く

顔を見ただけで
自然と笑顔がこぼれ
大好きな
湘南の海に行く

石とか投げちゃったりしてさ
きっと少年少女の頃と
なんら変わらない表情をしているね

残りわずかな時間
良いお年をと別れを告げ

約束していた
実家での年越し

母が腕を振るってくれた
すきやきに
我が家の恒例となった
にしん蕎麦

家族での食卓風景
安心して酒に酔っ払い
帰ってきたんだと実感する

もうすぐ宇宙では
地球が太陽を一周する神秘
終わりと始まり

南砺移住物語 chihiroiseyalife
https://chihiroiseyalife.wordpress.com

imageimageimageimage

朝焼け空と夕焼け空

2015年12月30日 富山県は南砺(なんと)移住206日目

育った街の朝焼け空を眺めた

不遇な少年時代

甘酸っぱい思春期

初めての恋愛

渇いた青春

一生の友達

若気の至り

人生の挫折

喧嘩と仲直り

遠ざかる現実

叶えた夢

想い出のすべて

育った街の夕焼け空を眺めた

imageimage

故郷へ帰省

2015年12月29日 富山県は南砺(なんと)移住205日目

故郷へ帰省

深夜高速を走る

バスに乗り込んで

大きなバックパックを背負って

母への手土産を持って

胸を張って

雪国から港町へ

色んな想いが駆け巡る

imageimage

目標 計画 作戦 たった一人との出逢いが 人生をひっくり返す程の破壊力がある

2015年12月28日 富山県は南砺(なんと)移住204日目

フランス料理
「 L’ensoleiller 〜 ランソレイエ 〜 」
忘年会にお呼ばれして

あれは忘れもしない
移住してまだ間もない頃
道という道は全て
未知なる道しかなかった

桜ヶ池の湖畔を散策していると
突如現れた格式高い屋敷
僕には無縁の世界かなと想いつつ
いつかは訪れたいと憧れていた

目標 計画 作戦
たった一人との出逢いが
人生をひっくり返す程の破壊力がある

次々と準備されるご馳走
今日という日のために
どれだけの情熱を
爆発させてきたのだろう
どれだけの困難を
乗り越えてきたのだろう
どれだけの感謝の気持ちを
忘れないできたのだろう

それらを超越した人間にしか
できないような強く優しく
家族のようなおもてなし

深夜
白と赤のワインに
どっぷりと浸った肉体と精神
ご近所さんの兄貴分と
雪道を二人歩いて帰った
大粒の雪が吹雪いている中
尋常ではない距離
このなんとも馬鹿馬鹿しい時間が
愛おしい

人は出逢うために産まれてきた

L’ensoleiller ランソレイエ
http://lensoleiller.com

imageimageimageimage

imageimageimageimage

年の瀬の風物詩「 福野 歳の大市 」

2015年12月27日 富山県は南砺(なんと)移住203日目

古くから街道が
東西南北に交差して
慶安3年(1650年)より受け継がれる
年の瀬の風物詩「 福野 歳の大市 」

目が覚めると
花びらのような雪が
絶え間なく舞い
見渡す限りを白に染めていく

こんな日に「 歳の大市 」など
開催しているのだろうか
僕の心配をよそに
この雪がなくっちゃ
始まらないとばかりに
魚介や野菜に乾物がずらりと並び
餅つき大会に温かい雑煮の振る舞い
新年を迎える正月の飾り付け
活気に満ち溢れていた

雪国の底力

南砺の厳しい自然
生きているだけで根性があり
働き者が多い
この町に暮らす住人が好きだ

今回 南砺市地域おこし協力隊の
キッチンカーも出店していたのだけれど
僕は別件があり手伝うことができず
もはや名物「 猪バーガー 」を食べて応援

芯まで冷えきった身体
「 樫亭 」の薪ストーブに誘われて
ちっちゃな子どもからご高齢者
人が一人増えるたびに雰囲気が変化して
人が一人減るたびに雰囲気が変化する
しばし一期一会という時空旅行の瞑想に耽る

南砺市地域おこし協力隊
https://m.facebook.com/nantookoshi/

樫亭
https://ja-jp.facebook.com/kashitei

年末大掃除

2015年12月26日 富山県は南砺(なんと)移住202日目

年末大掃除
お世話になった二階建て一軒家
屋根があって壁があって
雨風から守ってくれて
温かい御飯を食べられて
孤独な夜も素敵な夢を見させてくれて
ご近所さんと流れ星を眺めたり
友達も仲間も知り合いもいない南砺で
たくさんの人々が訪れてくれた伊㔟谷邸
感謝の意を込めて

imageimageimageimage

子どもの頃から憧れの メロンソーダフロートや レモンスカッシュ

2015年12月25日 富山県は南砺(なんと)移住201日目

年の瀬を迎え
新年早々一月の
南砺市地域おこし協力隊の活動
「 JOIN 移住・交流&地域おこしフェア 」出展
季刊誌 Vol.2 一月号「 なんと、南砺 」発刊の
打ち合わせ

集まれる人だけで
集まったはいいけど
どこで話そう

図書館じゃ声が大きいと迷惑になるし
飲食店じゃ食べ終わったら店を出なきゃいけないし

福光で町の人に聞いてみると
地元の人でも入ったことがないという
喫茶店「 かんなり 」を教えてもらう

恐る恐る扉を開けると
どこか懐かしい昭和の哀愁漂う空間に
身体が埋もれる程の重厚感あるソファー

子どもの頃から憧れの
メロンソーダフロートや
レモンスカッシュだってある

南砺の素敵な場所
またひとつ発見

雰囲気に酔いしれながら
打ち合わせもはかどる

JOIN 移住・交流&地域おこしフェア
http://www.iju-join.jp/feature/file/021/

南砺市地域おこし協力隊
https://m.facebook.com/nantookoshi/

imageimage

世界で一番小さな国の憲法は 単純明快だった

2015年12月24日 富山県は南砺(なんと)移住200日目

傍観者になるな

森の精霊が宿る利賀村
きよしこの夜
淑やかにクリスマス・イヴを過ごす

豪華に飾り付けられたモミの木
歓声が上がる七面鳥の丸焼き
冗談みたいな巨大なケーキ
灯ったロウソクの火を吹き消す

壁に掛けられた
世界各国のアーティストの絵
異なるはずの文化や伝統や宗教の
尊厳と融和

遠慮をしてはいけないルール
遊ぶことに躊躇してはいけないルール

言葉なんて分からなくても
笑顔が共通言語

世界で一番小さな国の憲法は
単純明快だった

image

今となっては

2015年12月23日 富山県は南砺(なんと)移住199日目

大安の日

南砺市地域おこし協力隊で
丹精こめた作った「 注連飾り 」
「 道の駅 福光 」に納品しました

嗚呼 思い起こせば
注連飾りの読み方すら
知らなかった始まりから
藁を編む名人に教えを請い
練習に練習を重ね
飾り付けの意味を学び
我が子のように愛着のある
注連飾りが出来ました

足の踏み場もないほど散らかった家
藁まみれの格闘する生活
皆で集まって試行錯誤した日々

今となっては
同じ時間を共有した事が
幸せだったのかもしれませんね

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

『 南砺市地域おこし協力隊の手仕事 』
南砺市地域おこし協力隊が
ひとつひとつ丹精こめた手仕事で
南砺の素材を主に使用して
注連飾りを作りました

〜 趣旨 〜
昔ながらの注連縄を編む伝統や文化・技術の継承
飾り付けそれぞれの大切な意味や由来
日本の素晴らしい正月の風習を
子どもからお年寄りまで世代を超えた交流と
教養を深める地域親睦を広めるために

〜意味・由来〜
藁と稲穂・・・・・・南砺市産コシヒカリ 五穀豊穣への祈願
南天の実・・・・・・「 難を転じて福となす 」縁起木
ウラジロ・・・・・・葉の裏が白く「 心の潔白 」や「 夫婦が共に白髪になるまで長生きする 」という意味
橙( 葉付きミカン )・・代々一家が途絶えず繁昌するよう縁起担ぎ
御幣・・・・・・・・神の力が宿る紅白の御幣は五箇山の和紙
ユズリハ・・・・・・春先の若葉の頃、古い葉が落ち
「 親は子が成長して後を譲る 」子孫繁栄の願いを込めて
ホンダワラ・・・・・昔の人々は、藻が海の中でたくさんの気泡を付け、そこから魚が産まれると考えており大漁への祈願

南砺市地域おこし協力隊
https://m.facebook.com/nantookoshi/

南砺移住物語 chihiroiseyalife
https://chihiroiseyalife.wordpress.com

image

鞄には遊び心を詰め込んで

2015年12月22日 富山県は南砺(なんと)移住198日目

ここ「 いのくち椿館 」
〜 カイニョと椿の森公園 〜

平成27年度
富山県うるおい環境とやま賞「 土の賞 」受賞
地域の景観づくりの配慮工夫が優れた建築物
景観が優れた生活空間、そして景観づくりに
積極的に活動している団体などに贈られる賞

そんな素敵な場所で
月に一度の映画上映会 いのくちcinemo椿館
「 南砺に灯った町の小さな映画館 」
企画&運営スタッフで打ち合わせ

新年初めの映画は1月11日
ドキュメンタリー映画では無く
台北でカフェを開いた美人姉妹のお話
「 台湾カフェ・ストーリー 」
お客さんと物々交換を始めていくうちに
一風変わった物について語りだす
ひとりの男性客
本当に大切なモノとは?
それぞれのモノに纏わる物語が
あらゆる価値を決めているのだと気がつく

映画は藝術でもあり娯楽でもある
楽しくなくっちゃ継続できない

玄関を飛び出したら
荷物は少なく
鞄には遊び心を詰め込んで

富山県「 うるおい環境とやま賞 」
http://www.pref.toyama.jp/cms_sec/1507/kj00001771-007-01.html

いのくち椿館館長 イソップ通信
http://blogs.yahoo.co.jp/isop18

「 南砺に灯った町の小さな映画館 」
Facebookページ

UNITED PEOPLE
http://unitedpeople.jp