人間の生命力と生命力とが ぶつかり弾け煌めく地上の太陽

2015年12月19日 富山県は南砺(なんと)移住195日目

月明かりに照らされた山道を
いくつもくぐり抜けると
そこは白く美しく雪化粧した村
人影も音もない世界

「 利賀村ビーツパーティー 」
人間の生命力と生命力とが
ぶつかり弾け煌めく地上の太陽

ボルシチには欠かせないビーツ
ウクライナ伝統の家庭料理で
ロシアなど極寒の地域の農作物
利賀村と気候が似ているということで
特産品にしようと育てたビーツの初収穫際

「 飲む輸血 」とも言われる
とても栄養価の高い野菜で
真っ赤な実からは真っ赤なスープ
サワークリームが絶妙な相性

海外からの客人もたくさんいて
ここは誰 私はどこ
異文化コミュニケーション
アコースティックギターの生演奏に
情熱的なサルサダンス

秘境の利賀村で
地殻の変動の如く
最先端が蠢いている

image

image

image

image

image

image

image

image

Advertisements

そもそも「 地域おこし 」ってなんぞや?

2015年12月18日 富山県は南砺(なんと)移住194日目

地域おこし協力隊初任者研修
at 国立オリンピック記念青少年総合センター
研修二日目

新任地域おこし協力隊で
そもそも「 地域おこし 」ってなんぞや?
を考える研修

真っ白な模造紙に
アイデアや現実
一理あるという発想
否定的な考え
逃口
とにかく書き殴る

常識を振り切ったその先の集合知に
案外みんなが納得したりして
地域の数だけ人の数だけ
無限に答えが存在しようとも
大切なのは郷土愛を持って
失敗を恐れずに行動する
ということに導かれた

最後に先輩地域おこし協力隊にも
「 地域おこし 」ってなに?
と意地悪な質問があり
ざわつく会場の中
「 その土地で
まず自分が幸せに暮らすこと 」
と秀逸な言葉が返ってきた

全ての過程を終え
修了証書をいただいた

次に逢う頃には
お互い一回りも二回りも成長した
元気な姿で再会を果たそう

南砺市地域おこし協力隊
https://m.facebook.com/nantookoshi/

image

image

image

image

image

君たちは同期だ

2015年12月17日 富山県は南砺(なんと)移住193日目

地域おこし協力隊初任者研修
at 国立オリンピック記念青少年総合センター
研修初日

都会を離れ
それぞれの想いを胸に
地方へ移住した
新任地域おこし協力隊達が
ちょっと前まで当たり前だった
人の波に飲まれながら
日本全国から会場へたどり着く

地域おこし協力隊の心得や立ち位置
過去の成功事例や失敗事例をみっちり研修

先輩地域おこし協力隊との
質疑応答コーナーがあり
経験者の回答は親身で本当に役立った

年齢も出身も前職もまるで違う僕らを
「 君たちは同期だ 」という言葉が
妙に心に響いた

南砺市地域おこし協力隊
https://m.facebook.com/nantookoshi/

image

image

image

image

image

image

image

image

夢か現か幻か

2015年12月16日 富山県は南砺(なんと)移住192日目

有機栽培農家ログログファーム
初めてお逢いする坂井夫妻のログハウスへ
夕御飯に招待していただいた

玄関を開けるとそこは
樹木の丸みを帯びた柔らかな空間に
薪ストーブの優しい温もりに包まれて

おしゃまな子ども達に
案内されるがまま席に着くと
威勢のいい捩り鉢巻きの御主人
海を持たない南砺で
なんとなんと
手巻き寿司では無く握り寿司
誰彼構わず愉快にもてなす
その魅力の虜になるのに
時間などいらなかった

無邪気に悪戯する子ども達が握った
大量のワサビ入り寿司ロシアンルーレット

次の日は
地域おこし協力隊初任者研修で
東京へ夜行バスで行くため
滞在時間は僅か一時間

あまりにもめくるめく驚きの出来事に
夢か現か幻か
あの家は本当にこの世に実在したのだろうか

もう一度逢って確かめたい
ログログ坩堝に流される

ログログファーム HP
http://loglogfarm.net/?page_id=27
ログログファーム Facebook
https://www.facebook.com/%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%A0-142882819379323/

image

image

image

image

image

image

この度胸 この逆転の発想

2015年12月15日 富山県は南砺(なんと)移住191日目

環境省がすすめる
「 地域における草の根活動支援事業 」

南砺の山で育った木を使って
ペルー発祥の打楽器
カホン作りワークショップの打ち合わせ
at 福光は観音町 カラオケまんぷく

誰もカホンを作った事がない
誰もカホンを叩けない
誰もカホンの音をほとんど知らない

だからこそユニークな打楽器が作れる
そう話すのは宮大工の佐々木棟梁

この度胸
この逆転の発想

惚れ惚れしました

子ども達も大人達も一緒になって
森を守ること 森を育てること 森を活かすこと

百年先の未来を見据えた
南砺の音色を奏でることでしょう

「 カホン 」って知ってる?
カホンを一緒につくろう!叩こう!響かせよう!
https://www.facebook.com/events/1002201536517878/

泉の杜 100pj
https://www.facebook.com/%E6%B3%89%E3%81%AE%E6%9D%9C%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%90pj-604049009737972/

カラオケまんぷく
https://m.facebook.com/mannpukuryoko/

image

image

image

image

image

バランスと感覚

2015年12月14日 富山県は南砺(なんと)移住190日目

南砺市地域おこし協力隊
みんな揃って注連飾り作り

先日 名人に教わったことを
思い出しながら
商品として恥じないように
本番の注連飾りに挑む

学んだことは思いの外
身体が覚えていて
藁は一本一本長さも太さも違うので
何本足すとか何センチ編むとかでは無く
バランスを見ながら感覚で丁寧に仕上げてゆく

一連 二連 三連
それぞれの注連飾りを
作ることができるようになった

朱と白の和紙を切り
もっとも美しく見える御幣を試行錯誤

こうして
己の内面と向かい合い
氣持ちが引き締まり
心地よく新年を迎えられる準備をすること
そこに本当の意味があるのかもしれない

あっ
まだ自分の家の注連飾りを
作ってなかったや

南砺市地域おこし協力隊
https://m.facebook.com/nantookoshi/

微笑ましく 穏やかに 驚き 慎ましい

2015年12月13日 富山県は南砺(なんと)移住189日目

南砺市地域おこし協力隊
井上くんこと いのっち主催
「 ちょっぴり早いクリスマスパーティー 」

出逢いが出逢いを呼び
繋がりが繋がりを産む

自然栽培の農家さん
フェアトレードのお店
イタリアンの料理人

それはそれは
ご自慢の手料理を持ち寄りで
どれを食べても
頬っぺたが落ちる美味しさ
誰に当たるかわからない
お約束のプレゼント交換会
一生懸命に考えられた品々は
渡るべく人の元へと旅立ち
奇跡的に4歳と43歳の
誕生日が同じ日に

微笑ましく
穏やかに
驚き
慎ましい

クリスマスは本来
家族と過ごす日だと想っていた僕は
南砺にも家族のような仲間たちが
誕生した日となりましたとさ

南砺市地域おこし協力隊
https://m.facebook.com/nantookoshi/

ひえばた園
https://m.facebook.com/hiebata.farm/

移動スタイルのフェアトレードショップ metio
https://m.facebook.com/justa.organika.metio

なんときくばりPJ
https://ja-jp.facebook.com/kikubari

南砺移住物語 chihiroiseyalife
https://chihiroiseyalife.wordpress.com