デデレコデン

2015年9月26日 南砺(なんと)移住111日目

南砺は五箇山こきりこ祭り
辺りはすっかり闇夜へ
わずかに聴こえる人の声
灯篭に誘われるかのように

日本最古の民謡
こきりこ節 ささら踊り
五穀豊穣を祈り
百姓の労をねぎらう為に踊る

病み上がりの身体
深い眠りに落ちた一日
目が覚めたら真っ暗だった

今日はいったい何日だ?
今日はいったい何曜日だ?

これから朝なのか
これから夜なのか

夢うつつのまま
終わりなく歌われる囃子言葉

マドのサンサはデデレコデン
ハレのサンサもデデレコデン

幻想的な世界に酔いしれる

警察官も地元の少年も観光客も
見よう見まねで輪になって
こうして伝統が継承されてゆく

こきりこ節
http://www.worldfolksong.com/sp/songbook/japan/minyo/kokiriko.htm

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

Advertisements

メメント・モリ

2015年9月25日 南砺(なんと)移住110日目

季節の移ろい
目まぐるしい生活
雨の日の農作業

風邪を引いた

甘え上手
のようでいて
甘え下手

孤独を知る

メメント・モリ
死を憶え

こんな時に
思い浮かんだ人よ
治ったら
逢いにゆこう

一晩中
布団で寝込み
視界に映るのは四角い天井
天地が逆さまになり
天井を散歩する夢を見た

想像力が
「生きろ」と
叫んでいる

image

image

一飯之恩

2015年9月24日 南砺(なんと)移住109日目

日向当帰・・・ヒュウガトウキ

自生地の高千穂では
古くから「神の草」とも
呼ばれる密かな薬草茶
江戸時代から旧薩摩藩の領民が
無病息災の門外不出の秘薬として
珍重していた

現在でも栽培は
宮崎県中北部と大分県南部
株分けされた茨城県に限られていて
湧々農場は新たな事に挑戦する

栽培から刈り入れ
そして半年間も天日干し
自然乾燥と熟成させた日向当帰を
釜の火で煎るために
ようやく細かく粉砕する作業

地べたに座って
同じ目線の高さになりながら
吉田 稔さんから先人の智慧や
昔の思い出話を聴き
若い世代は独特の感性と
漫画の未知なる世界を教える

昼食は
吉田 稔邸で奥様の手料理を
ご馳走になった
どれもこれも湧々農場で採れた野菜を
ひと手間もふた手間もかけた料理は
頬っぺたが落っこちそうになり
そのあまりにも美味しさを伝えるために
僕は玄米ごはんを3杯もおかわりした

遠慮はしちゃいけない決まりごと
働いて返せば良いのだ

一宿一飯の恩義
一飯之恩

皆で手分けして食器を洗い片付ける
さて 志事 志事

湧々農場
https://m.facebook.com/wakuwakunojo

高千穂郷日向当帰研究会
http://www.hyugatouki.org/hyugatouki.html

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

誰も見ていないけど きっと神様は見ている

2015年9月23日 南砺(なんと)移住108日目

何気ない日常

すこしだけ遅めの

朝ご飯を食べて

食器を洗う音

植物に綺麗な水を与え

太陽と風が心地よかった

両手を広げて深呼吸

洗濯物の洋服がなびく

窓から射し込む自然光の中で

土間のお気に入りの椅子

好きな読書に耽り

お客さんを招けるよう

部屋の片付けをした

二階建て一軒家に

一人暮らし

人間として美しく生きたい

誰も見ていないけど

きっと神様は見ている

image

image

image

image

image

本当だよ 嘘なんかじゃないんだ

2015年9月22日 南砺(なんと)移住107日目

暗がりの商店街に
やわらかなヒカリが灯った

麹のチカラでおいしい・やさしい
“ ichika kitchen ”
はっこうごはんのおみせ

プレオープンパーティー with
八百楽農園 アースバッグWS お疲れ様会

自然と人が集い
湯気がたちのぼる台所

屈託のない会話に
笑顔がこぼれ
怪獣みたいな子ども達と
誰かれかまわず遊ぶ

行き交うご近所さんは
なんだか気になる様子で
町の流れが変わる

家庭のような
あたたかい雰囲気
“ 幸せ ”は響き共鳴し
連鎖する

本当だよ
嘘なんかじゃないんだ

ichika kitchen
10月1日ついにお店がオープン
Coming soon!

動物性の食品は使用せず
『旬の地元野菜』と
『麹』からできた
日本の独自の調味料である
醤油・味噌・塩麹・甘酒・酒粕など
麹のもつ発酵のチカラを借りて
野菜・穀物・豆などの食材から
新しい味を引き出した手料理

ichika kitchen(イチカキッチン)HP
http://www.ichica-kitchen.com

ichika kitchen(イチカキッチン)Facebook
https://m.facebook.com/profile.php?id=1424306221211557

八百楽農園
https://ja-jp.facebook.com/yaorafarm

アースバックWS in 八百楽
https://www.facebook.com/events/151551608516202/

講師 Akira デュニヤマヒル
http://akiraya-office2012.jimdo.com/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B0-earth-bag/

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

南砺 南砺 南砺

2015年9月21日 南砺(なんと)移住106日目

南砺 南砺 南砺
故郷ではないのに恋しくなる
両手いっぱいに抱えきれない想い出
友達 仲間 親代わりのような愛おしさ

南砺 南砺 南砺
僕は移住者 地元の人間ではない
歴史 文化 伝統 精神 智慧を学び
ここが居場所だと開拓する新しい世界

憧れを憧れのまま
終わらせてはならない

五木田 智央さんに逢えた
画集にサインを書いて貰った
15年程前の学生の頃
彼の作品を見て
衝撃を受けたと同時に
作家としての自信を
めちゃくちゃに壊された
血ヘドを吐くほど頑張った
今日まで諦めなくてよかった

そして
僕の絵本は10冊が
心温かな里親の元へと
巣立っていった

親から子どもへ
子どもから孫へと
想像する限り物語は永遠に続く
THE TOKYO ART BOOK FAIR 2015
アジア最大規模のアートブックフェアに
処女作 「ほんの小さな物語」
物語 伊㔟谷千裕
挿絵 谷村友

第二作 「太陽と月の歌」
物語 伊㔟谷千裕
画家 多田知史
正式に出展

本の祭典というよりは
新しく誕生した最先端の紙や
眼をまん丸くして驚く印刷技術
本の既成概念を吹き飛ばす製本方法と
無限の可能性を感じる
紙好きの人にはたまらない愉快な三日間

絵本と共に
「NANTO NANTO Tシャツ」着て
南砺の伝統や精神文化の魅力
最新型の町づくりエコビレッジ構想
湧々農場の炭素循環農法の理念
を広めてきます

まずは南砺 ( なんと )の
読み方から伝えてきます

嗚呼 城端むぎや祭 魂参加

ECOTO
http://ecoto.jp

南砺里山倶楽部
http://www.nanto-yui.jp/list/handcraft.php?id=1408488100

湧々農場
https://m.facebook.com/wakuwakunojo?refsrc=https%3A%2F%2Fja-jp.facebook.com%2Fwakuwakunojo

谷村 友
http://yanyuu.net

多田 知史
http://tadasatoshi.com

THE TOKYO ART BOOK FAIR 2015
http://tokyoartbookfair.com

REBIRTH PROJECT onlineshop
「ほんの小さな物語」
http://shop.rebirth-project.jp/products/detail.php?product_id=233

「太陽と月の歌」
http://rebirthproject-store.jp/?pid=89828457

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

実家 実家 実家

2015年9月20日 南砺(なんと)移住105日目

実家 実家 実家
故郷だから恋しくなる
再会の喜びと別れの淋しさが
漂うような愛おしさ

実家 実家 実家
どこか心は繋がっていて
いつの間にか歳をとった母親
時折 気持ちは遠く離れたり
知らぬ間に大人になってた兄弟
ここが帰る居場所と絶対的な世界

友達への誕生日プレゼントに
絵本を買ってくれた人

高額な絵本だから一度は諦めたけど
忘れられなくて帰り際に買ってくれた人

赤ん坊がもう少し大きくなったら
絵本を読み聴かせたいと買ってくれた人

想いと想いとが織り成す人生劇
忘れがちな日々の感動を拾い集めて
いつかきっと絵本にしよう

THE TOKYO ART BOOK FAIR 2015
アジア最大規模のアートブックフェアに
処女作 「ほんの小さな物語」
物語 伊㔟谷千裕
挿絵 谷村友

第二作 「太陽と月の歌」
物語 伊㔟谷千裕
画家 多田知史
正式に出展

本の祭典というよりは
新しく誕生した最先端の紙や
眼をまん丸くして驚く印刷技術
本の既成概念を吹き飛ばす製本方法と
無限の可能性を感じる
紙好きの人にはたまらない愉快な三日間

絵本と共に
「NANTO NANTO Tシャツ」着て
南砺の伝統や精神文化の魅力
最新型の町づくりエコビレッジ構想
湧々農場の炭素循環農法の理念
を広めてきます

まずは南砺 ( なんと )の
読み方から伝えてきます

嗚呼 城端むぎや祭 魂参加

ECOTO
http://ecoto.jp

南砺里山倶楽部
http://www.nanto-yui.jp/list/handcraft.php?id=1408488100

湧々農場
https://m.facebook.com/wakuwakunojo?refsrc=https%3A%2F%2Fja-jp.facebook.com%2Fwakuwakunojo

谷村 友
http://yanyuu.net

多田 知史
http://tadasatoshi.com

THE TOKYO ART BOOK FAIR 2015
http://tokyoartbookfair.com

REBIRTH PROJECT onlineshop
「ほんの小さな物語」
http://shop.rebirth-project.jp/products/detail.php?product_id=233

「太陽と月の歌」
http://rebirthproject-store.jp/?pid=89828457

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image