明るい未来は この手のひらの中にある

2015年6月28日 南砺移住21日目

僕が暮らす大鋸屋2組の慰安会
送迎バスに揺られ
魚介料理と温泉を求めて
漁港の町 氷見市へ
昨日は夜が更けるまで酒を呑んで
今日は朝早くから酒を呑んで
村の皆んなから温かく迎えられ
過酷で幸せな毎日
お年寄りと小さな子どもが
一堂に会する
ネイティヴアメリカン
ラコタ族の教えに
「老人と子どもを切り離してはならない
それは過去と未来を断つことだ」とあり
僕はこの微笑ましい光景が
いつどんな時も大好きだ

REBIRTH PROJECTのメンバーが
南砺市を訪れていて
急遽 僕の家で若者たちと
ミニ松下村塾を開催
多忙な中
田中南砺市長にもお越しになっていただき
未来志向でいて
市民の声に真剣に耳を傾けてくれる
本当に素晴らしい人柄

話しは神道になり
神棚の御神体は己を映す鏡
拝んでいた神は
まごうことなき自分自身だ
真理を知る

たくさんの手と手が交差して
トピックを並び替えると
机の下から世界地図が浮き上がり
問題提起と具体的解決策

明るい未来は
この手のひらの中にある

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

Advertisements

南砺に誇りと愛が芽生えて

2015年6月27日 南砺移住20日目

部屋の大掃除をしていると
ご近所さんが手伝いに来てくれた
大きな窓ガラスを
ピカピカに磨いていただいて
本当に助かったし嬉しかったし
何気ない日常が楽しくなった
汚れたカーテンを洗濯して
ほつれた箇所に当て布を
ミシンでカタカタ縫い上げる
こんな雨の日のBGMには
ジャック・ジョンソン

御礼に近くの桜ヶ池
epicerie Cerisier〝エピスリー スリジェ〟の
パンを買いに行った
心を込めて育てても形に不具合があり
販売先がなく放置された野菜たちに
加工して新たな命を吹き込まれた
サンドウィッチ
小さな循環に心も身体も地球も健康になる

家に帰り
教えてもらった梅ジュース作り
梅のヘタを丁寧に取り軽く水洗い
きび砂糖をまぶして
圧力鍋のスイッチオン
こんな簡単な作業で
うーむ大失敗
梅ジャムのようになりました
美味しかったからこれで善としよう

僕の暮らす大鋸屋村の
「熱送り納涼祭」準備役員会議に
出席させていただいた

あっという間に宴会へ
「過度な期待はしないように」
「何にもできなくて当たり前だ
楽しくやれ 趣味を見つけろ」
「真面目すぎる もっとうっかりしな」
胸に響く言葉が飛び交い
村の一員になれたような気がして
なんだかこの大鋸屋村に
僕は誇りと愛が芽生えてきた

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

ペロリンチョヘアー

2015年6月26日 南砺移住19日目

南砺の朝はシトシト雨が降る

JAなんとさんからの取材があり
地域おこし協力隊の任務
農林業資源の産業化と雇用促進
農薬のコト 六次産業化のコト
農業で自活するにはのコト
複雑に絡み合った糸を
赤裸々に答えた
広報紙「こんにちは」という
コーナーに近々掲載されるので
よかったらご覧になってください

BALBAL SUZUKIに髪を切りにいった
高校生以来
自分で髪の毛を切っていたので
20年ぶりの理髪店に
声が震えるほど緊張したが
抜群のテクニックと軽快な話術に
癒され相談にも乗ってもらい
こんな店にもっと早く
巡り逢いたかったと心底思う

パッツン前髪の
ソフトモヒカンに
ペロリンチョヘアーと
名付けてもらった

そして雑貨を買いに砺波市へ
無性に気になる店が突如現れて
Uターンしてまで訪れた
19Hitoyasumiの
こだわりにこだわり抜いた
コーヒー豆を買う
ここでも地域おこし協力隊の名刺を
従業員にお渡ししたら
帰宅後
オーナーの渡邉 功一さんから連絡があり
エコビレッジ構想を知っていてくれて
アクションを起こそうとしているそうな

生きた証
明日なにを残そう

image

image

image

image

image

image

 

約束

2015年6月25日 南砺移住18日目

今より若くても
なにも出来なかっただろう
今より歳を重ねていても
なにも出来なかっただろう
僕は今
奇跡の瞬間を
生きているのだと想う

福光は湧々農場へ
吉田 稔さんは雑草とは言わない
草刈りだと言う
そして刈った草はまた肥料となる
不注意でネギの苗を踏んづけてしまった
吉田 稔さんは怒るでもなく
「ほっとけ ほっとけ
そんなヤワな育て方はしとらんっ」
この人には敵わない

綺麗な瞳をした男に逢った
福光はWHISKEY and CLOTHINGの
オーナー坂本 博司さん
髪の色だとか肌の色だとか
全身刺青だとか関係ない
白目の真中にある黒目の奥の
虹彩に映っている世界が
美しいかどうかだ
ファストファッションに抗う
洋服で世界を救いたいと
冷静の中の情熱を語ってくれた

紹介してもらった石川県は野々市市
オーガニック素材と
フェアトレード商品の専門店
Commumity trade al を訪れる
フェアトレードの手彫りスプーンと
パレスチナ・オリーブオイルを買って
県が違うからご挨拶は
必要ないかなと階段を下るも
恥もてらいもない
南砺市の地域おこし協力隊だと伝えると
エコビレッジ構想を知ってらした
意識の高い方々で
これからどんどん繋がってゆくだろう
活動はまぎれもなく南砺だ
でも行動は南砺を越えるべきだ

南砺市エコビレッジ構想
推進モデル事業選考委員会に出席
見事審査に合格した
立野原に循環型社会を創造する
パーマビレッジ八百楽さんの活動は
とてもクリエイティブで大注目だ

そのままの流れで
エコビレッジ構想推進委員会の会食に
呼んでいただいた

エコビレッジ構想
それは再生可能エネルギーと
持続可能な循環型社会
最新型の街づくりに携わる面々が
こんなにも豊かな笑顔で
信頼と尊敬の念を抱く
ただまだまだ地域住民への説明不足や
合意形成が取れていない部分もある
僕はその架け橋になりたい
皆の心に届くなら
ピエロになって玉乗りだってするよ

南砺市に移住することで
見えてきたモノが沢山ある
南砺市に移住することで
見えなくなったモノも沢山ある
最高のタイミングで
場所文化フォーラムの名誉理事
吉澤 保幸さんに話を聞いてもらえて
どれだけ助かったことか

エコビレッジ課の山崎 正治さん
この言葉を僕は忘れません

酒の席の
口約束は
必ず守れ

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

百年先を考える

2015年6月24日 南砺移住17日目

毎日 落ち込んで
毎日 元気づけられる日々

城端行政センター農林課に
地域おこし協力隊の席を作っていただき
4人で打ち合わせ
新たな要請 スケジュール 南砺のこと
真剣に話し合いこの方たち結構仕事が早い
そして先日 さまざま農業従事者から
現状把握調査をして
浮き上がってきた問題点や要望を
農林課の方々に報告した
正直 複雑に絡み合った現実に
解決策などまるで見えてこないが
自活できている農家さんを
紹介していただき
兎にも角にも
話を伺いに行くことにした

そこへたくさんの人に
逢った方がいいよと言われていて
やっと逢えた中川裕子さん
声にも眼差しにもそして風格にも
力がみなぎっている
テディ君にも逢えて相変わらず
縦にも横にも奥にも大きい

一葉さんと梅酒作り
見渡す限り田園風景の中
大空を見上げながらまだ青い梅をもぎ取り
心地よい風が通り抜ける
ディズニー映画のようにコミカルに
動き回り喋る姿にお腹を抱えて笑った
この人は家族のように信頼できる一人

日が暮れて
桜ヶ池「かず良」の利活用について
地元南原地区の皆さんと
金沢大学の学生さんを交え意見交換会
学生が調べてくれた合掌造りや
かず良の歴史をスライドショーで学び
地元の方々の思い出話に興ずる
急遽 僕も意見を求められ
茅場の草刈りの時に勉強した
合掌造りの文化や歴史
人間と自然との関わりを
僭越ながら代弁させていただいた

囲炉裏の自在鉤
魚は眠らず何百年も
この合掌造りを
見てきただろうか

IMG_2524

IMG_2526

IMG_2527

IMG_2531

IMG_2535

IMG_2628

IMG_2600

IMG_2542

IMG_2567

IMG_2538

IMG_2582

IMG_2584

IMG_2587

IMG_2588

image

IMG_2590

IMG_2545

IMG_2549

IMG_2551

IMG_2553

IMG_2558

IMG_2561

IMG_2563

IMG_2566

IMG_2591

IMG_2593

IMG_2603

IMG_2616

僕の血は 鉄の味がした

2015年6月23日 南砺移住16日目

福光は湧々農場の吉田 稔さんの元へ
無農薬 有機野菜 有用微生物
炭素循環農法を実践する百姓
百のことができるから
自分のことを百姓だと言う

今日は野菜の収穫
きゅうり トマト ズッキーニ
レタス じゃがいも
イロトリドリの生命力にあふれ
人間の身体は食べたもので
構成されているのかと思うと
この生命力を本能的に吸収したい

ありとあらゆる
崇高な思想も究極な哲学も
その根源は大自然で
ここにいると無心になれる

農作業中に親指を負傷した
ズキズキ痛みが駆け巡り
収穫された野菜も痛かったのだろうか
くだらないことを考えているうちに
真っ赤な鮮血が流れ落ち

「人間も植物も一緒やっ」
初対面の出会い頭に
吉田 稔さんが放った言葉が
脳裏をよぎった

僕の血は
鉄の味がした

いつの日か僕は朽ち果て
地球に還るとき
健全な身体と健全な心で
ありたいものだ

IMG_2411

IMG_2418

IMG_2419

IMG_2423

IMG_2428

IMG_2434

IMG_2436

IMG_2438

IMG_2437

IMG_2441

IMG_2453

IMG_2457

IMG_2505

IMG_2506

IMG_2442

IMG_2504

IMG_2450

IMG_2424

IMG_2467

南砺の人の温もりに包まれて

2015年6月22日 南砺移住15日目

今日は生活雑貨や日用品を
そろえたいなと考えていたら
地域おこし協力隊 平地域担当の
うっちーこと内山くんが
いろんな店を教えてあげるよと
家に来てくれた
出発準備まで僕の絵本を
読んで待ってもらうことに

市から指定されている
ガソリンスタンドの山下さんは
僕が住む家の大家の中学の同級生で
給油した後
いつも最高の笑顔で送り出してくれる

日用品を買い ふっと表に出れば
先日 TED x Himiで逢った
楓ちゃんの実家
福光は石崎家具店があるではないか
母親の美知恵さんも魅力的な方で
開催中のアートギャッベ展は
イラン・イスラム共和国の
遊牧民の手織りの絨毯
人間の尊厳と誇りを
感じずにはいられない
遠い異国の文化に想いを馳せる

近所のスーパーに
昼食を買いに行けば
偶然 一葉さん親子に遭遇
南砺に移住してから気が付いたことは
小さな子どもがいるお母さん達が
町を良くしようと懸命に
いろんな活動を本当に頑張っている

やたら熊にビビる
うっちーを連れて縄ヶ池へ
霧がかかった散居村は
まるで行く先不安な南砺での生活の
僕の心境のようだ

うっちーとはここでお別れして
続いて地域おこし協力隊
空き家対策・移住促進担当
いのっちこと井上くんと
いろんな農家さんにお話を伺いに現地調査
様々な問題が浮き彫りになり
解決策の糸口をまだまだ探す段階だが
近々 農林課へ報告に行くことにした

帰りがてら井波彫刻の町を訪れる
夕暮れになり店が閉まっていて
諦めかけた時
通りがかりのお母様方が
三代目 南部白雲先生の工房を
案内してくれた
本人に逢うことはできなかったが
白雲先生の奥様に
槌蔵の展示場を開放していただき
作品のこと 伝統のこと 文化のことを
丁寧に説明していただいた

夜は約束していた大鋸屋の父と母
松本久介さん宅で
一日遅れの父の日を祝う
歩いても帰れる距離なので
久しぶりのビールと夕御飯をご馳走になり
僕は南砺に観光で訪れているのではなく
嗚呼 ここで暮らしているのだなあと心に染みた

IMG_2207

IMG_2212

IMG_2226

IMG_2252

IMG_2244

IMG_2234

IMG_2254

IMG_2239

IMG_2240

IMG_2248

IMG_2250

IMG_2256

IMG_2269

IMG_2277

IMG_2300

IMG_2321

IMG_2330

IMG_2334

IMG_2332

IMG_2336

IMG_2345

IMG_2347

IMG_2350

IMG_2357

IMG_2379

IMG_2376

IMG_2356

IMG_2375

IMG_2382

IMG_2395