人間にしか奏でられない 木彫りの音色

2015年8月24日 南砺移住78日目

コンッカンコンッ コンッカンコンッ

ダツッ ダツッ ダツッ

ココンコンッ ココンコンッ

ザスッザスッザスッ ザスッザスッザスッ

ガリッガリッ ガリッガリッ

あちらでもこちらでも
くすのきとノミの刃と木槌と腕の楽器で
世界中から集まった交響楽団の
どこか懐かしい四重奏

自分の身体より大きな
横たわる巨木はしだいに
それは初めから
木の中に存在した精霊の
輪郭を浮かび上がらせ
永い眠りから呼び覚ますよう

失敗の許されない緊張感
迷いなく彫る完璧な想像力

くすのきは彫られ形が変わり
それに呼応するように
音階を変化させながら鳴り響き
ほのかに芳しい香りが漂う

日本伝統工芸 井波彫刻
音で愉快に
瞳で驚き
香りの癒し

境内から眺める幾何学の光景
何百年も昔から
人間にしか奏でられない
木彫りの音色
眼を瞑り少しだけ未来旅行
時代が変わるごとに
今が究極という
職人が木を彫る音が聴こえる

南砺市いなみ国際木彫刻キャンプ2015
http://inami-camp.city.nanto.toyama.jp/

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s