時代に「 YES 」の旗を掲げよう 時代に「 NO 」の拳を突き上げよう

2016年5月30日 富山県は南砺(なんと)移住358日目

虐められっ子の少年が

歯の矯正をしていた

そんなアメリカ映画を観たのは

ずいぶん昔のこと

その子は 優しかった

明るく振る舞った

僕の眼には 銀色に輝く矯正器具が

人生に屈しない象徴に映り

格好よかった

密かな憧れを抱いていた

なんの映画だったかは思い出せない

もしかしたら

あの映画は存在しなかったかもしれない
そんなことはどうでもいいことだ

起こせ自己革命

時代に「 YES 」の旗を掲げよう

時代に「 NO 」の拳を突き上げよう

南砺移住物語 chihiroiseyalife https://chihiroiseyalife.wordpress.com

野山で夢中に自然遊び 教科書じゃ学べない大切なこと

2016年5月29日 富山県は南砺(なんと)移住357日目

『 米 』 という漢字は

四方八方に波動を放つ

究極の漢字だと云う

ご近所さんの かとうしぜん農園

田んぼの苗の手植え

大人も子供も

泥だらけになりながら

喜怒哀楽の共同作業

籾から発芽させた

イセヒカリ・黒米・赤米の苗取り

蜂の巣や亀の甲羅 雪の結晶を想わせる

神秘的な六角柱の 「 わくころがし 」

初対面で囲む 食材から調味料まで ほぼ自給自足の 加藤さん家の昼御飯

麦わら帽子の幼い女の子

初夏の香りと汗ばむ髪の毛

野山で夢中に自然遊び

教科書じゃ学べない大切なこと

月 火 水 木 金 土 日

見えない絆が深まる音が聴こえる

南砺移住物語 chihiroiseyalife https://chihiroiseyalife.wordpress.com

買い物が こんなにも 幸せが幸せを 呼ぶなんて

2016年5月28日 富山県は南砺(なんと)移住356日目

『 立山Craft 2016 』

霊山 立山連峰の麓

陶芸家・木工作家・農家

革職人・アクセサリー作家

金属職人・服飾家・ガラス作家

料理人・ミュージシャン

日本各地から 匠の業の作家が集う聖地

空のように どこまでも どこまでも 果てしなく

表現の自由

二足歩行になり 神から与えられた この手のひら

煌めきを産み出す ホモサピエンス

一期一会 一目惚れ

貨幣価値

心と心と等価交換

買い物が こんなにも

幸せが幸せを 呼ぶなんて

立山craft http://tateyamacraft.wix.com/tateyamacraft#!about/cf5y https://m.facebook.com/tateyamacraft/

南砺移住物語 chihiroiseyalife https://chihiroiseyalife.wordpress.com

納豆

2016年5月27日 富山県は南砺(なんと)移住355日目

発酵食大学の授業

調理実習 『 納豆 』

納豆の起源は諸説あるが

弥生時代 米と大豆の栽培が行われていた為稲わらの納豆菌によって 納豆が誕生していた可能性がある

飛鳥時代 聖徳太子が愛馬の餌の残り煮豆を 藁で保存したところ納豆になり人々に伝えたという説

平安時代 藤原明衡が当時の生活や風俗を記した 『 新猿楽記 』に「 納豆 」の文字が 初めて登場する

奈良時代 中国・唐で学んだ僧侶によって 「 塩辛納豆 」( 糸を引かない乾燥した納豆 ) が伝わる 寺院の納戸で作られることが多かった為 塩辛納豆を「 納豆 」と呼ぶようになったと云われる

鎌倉時代 源義家が戦さの際に馬の餌が不足し 農民たちに食料供出させたところ 煮豆を熱いまま藁に包んで差し出した為 それが糸を引く納豆になっていたという伝説がある

江戸時代 「 糸引き納豆 」が江戸を中心に庶民に普及し 朝の定番食となる

「 本来は 豆を腐らせた( 発酵 )ものが豆腐 型に納めたものが納豆だったが 両者の名称が取り違えられた 」 と語られることがあるが 納豆は日本独自の言葉であり 豆腐は中国から伝来してきた食べ物 これは誤った俗説

大豆由来 ビタミンE・・コレステロールを減らし血行を良くする

イソフラボン・・女性ホルモンに似た働き 肌の保湿・美白

レシチン・・水溶性・油溶性の両方を吸収しやすくなる

たんぱく質・・筋肉や臓器を作り身体のエネルギーになる

カルシウム・・骨や歯の形成を助け神経を安定させる

納豆菌由来 ナットウキナーゼ・・ネバネバ 血栓を溶かす

ポリグルタミン酸・・紫外線から守ってくれる

ジピコリン・・酸抗菌・抗ガン作用

ビタミンK2・・カルシウムの吸収が良くなる

ポリアミン・・アンチエイジング

納豆のデメリット

食べ過ぎに注意 1日に1パック

血栓病・痛風の人は接種の際に注意

納豆菌の増殖力で他の良い菌まで殺菌

相性 納豆菌 + 乳酸菌 ○

納豆菌 + 麹菌 ×

身体は食べたもので構成され

自分一人だけの身体じゃ無かった

60兆個の血や肉や骨の細胞と

腸内には約500種類

1000兆個の菌が棲まうガイア

発酵食大学 http://hakkoushoku.jp

南砺移住物語 chihiroiseyalife https://chihiroiseyalife.wordpress.com

今日という日に なにが起きるのか 自分さえ知らないこと程 愉快痛快なことは無い

2016年5月26日 富山県は南砺(なんと)移住354日目

今日という日に なにが起きるのか

自分さえ知らないこと程 愉快痛快なことは無い

『 じょうはな わんだ〜 らんど 』 の打ち合わせの予定が あれよあれよと

韓国から移住されて18年 城端の陶芸家 金 京徳さんの工房へ

陶器が放つ静寂 作家が放つ情熱

突如 激しい通り雨に見舞われて 内界と外界との繋がりは遮断され

この部屋だけが まるで宇宙の異次元空間を 浮遊しているような錯覚に陥る

お茶だけで 酔っ払ったんじゃないかってくらい 流暢な日本語で

しゃべるしゃべるしゃべりまくる 大きな声で笑う笑う 僕らもつられて笑ってしまう

こんな気持ちのいい人間に 巡り逢えた奇跡に

運命の摩訶不思議を 感じずにはいられない

陶芸家 金 京徳 http://touism.net/artist/cn15/pg198.html

じょうはな わんだ〜 らんど https://www.facebook.com/events/645217422296271/?ti=icl

南砺移住物語 chihiroiseyalife https://chihiroiseyalife.wordpress.com

草花の緑の世界 木陰で一服

2016年5月25日 富山県は南砺(なんと)移住353日目

「 いよいよ この季節が来たか 」

吉田 稔 翁が なんだか嬉しそうな声で言う

柿の実の剪定 太陽に恵まれて

医王山からのそよ風

四角い実を残して

三角の実や 凹んだ実などを取り除き

枝別れした先の一本の枝に

たったひとつの実だけを

大切に育てる

草花の緑の世界

木陰で一服

くつろぎのヒトトキ

小鳥がさえずり 昆虫がせわしく歩く

南砺に移住してから約一年

僕の家にはテレビが無い生活

自然の色彩 自然の音色 自然の感触 自然の香り 自然の嗜好 自然に産まれる会話

日々たおやかに

湧々農場 http://www.wakuwaku-nojo.com/project.html https://m.facebook.com/wakuwakunojo

南砺移住物語 chihiroiseyalife https://chihiroiseyalife.wordpress.com

おまえはもっとうっかりしろ

2016年5月24日 富山県は南砺(なんと)移住352日目

僕が暮らす大鋸屋村の

ご近所さんで兄貴分 高桑ぶどう農園の

ビニールハウス建設のお手伝い

ぶどう農園の師匠から 「 ビニールハウスくらい自分で作れ 」

という叱咤激励の言葉を うっかり鵜呑みにしていまい

自ら図面を引き材料をかき集め 師匠の度肝を抜いてしまった強者だ

そして僕の移住当初 「 おまえはもっとうっかりしろ 」 と助言をくれたのは

他でもないこの高桑兄貴なのだ

押し寄せる重圧や 慣れない生活を この言葉が どれだけ救ってくれたことか

東京で建築や美術史を 専攻していたとのことで

作業中はもっぱら 尽きない藝術の話に興じる

夢はこの大鋸屋村に 高桑ぶどう農園の テーマパークを創ること

青空の下 葡萄に囲まれて 夢を語るのも いいもんだ

南砺移住物語 chihiroiseyalife https://chihiroiseyalife.wordpress.com

もしも明日 世界が終わるとしても それでも種を植える

2016年5月23日 富山県は南砺(なんと)移住351日目

種を植える

ひたすら種を植える

つべこべ言わずに種を植える

ただただ種を植える

黙々と種を植える

とにかく種を植える

もしも明日 世界が終わるとしても

それでも種を植える

南砺移住物語 chihiroiseyalife https://chihiroiseyalife.wordpress.com

不思議な不思議なお伽話

2016年5月22日 富山県は南砺(なんと)移住350日目

迷い込んだ森の奥

木漏れ日をくぐり抜ければ

小さな村があった

アースデイにいかわ

そこは愛だとか平和だとか地球だとか

大自然と共存共栄だとか

人類みんなトモダチだとか

音楽が世界を救うだとか

歯の浮くような台詞を

恥ずかしげもなく

声高らかに叫んでも

誰も莫迦にして笑わずに

真剣に耳を傾けてくれるような

村人たちだった

迷い込んだ森の奥での

不思議な不思議なお伽話

アースデイにいかわ http://edniikawa.blogspot.jp/?m=1 https://m.facebook.com/アースデイにいかわ-308390062606267/

南砺移住物語 chihiroiseyalife https://chihiroiseyalife.wordpress.com

世界の裏側のあの人も 同じ月を眺めているのだろうか

2016年5月21日 富山県は南砺(なんと)移住349日目

企画&運営している 『 南砺に灯った町の小さな映画館 』

「 ザ・トゥルー・コスト 」 上映会は無事に終了しました

お話会では 「 pray to nam 」 吉岡 知一さん・栄子さんご夫婦の

ラオスの村の女性たちと共に

在来種の綿を紡ぎ手織り・天然染めした 美しい布を作る生活

お茶菓子に metioのフェアトレードの紅茶

munch’sのオーガニックのスイーツ

企画したイベント 〜 僕らの日々の買い物が 世界の貧困や地球の汚染を救う 〜

フェアトレードの商品や オーガニックの商品

でも いったいどこで買えるのだろう?

フェアトレードの商品や オーガニックの商品だけで

衣食住をまかなう生活が できはしないだろうか

多くの人達から情報が集まり 来場者にリストアップした紙を配布

本当に多くの方々に関わっていただき 心より御礼を申し上げます

今後も情報収集・整理の活動を 続けてゆこうと想います

夜空には偶然にも満月が浮かぶ

世界の裏側のあの人も 同じ月を眺めているのだろうか

日本 : うさぎの餅つき

韓国 : うさぎの餅つき

中国 : うさぎが薬草を作っている

モンゴル : 犬

ベトナム : 大きな木の下で休む男

インドネシア : 編み物をする女の人

インド : ワニ

アラビア : 吠えているライオン

北ヨーロッパ : 本を読む老婆

南ヨーロッパ : 大きなハサミの蟹

東ヨーロッパ : 髪の長い女性

ドイツ : 薪をかつぐ男

オーストリア : 灯りを点けたり消したりする男

カナダインディアン : バケツを運ぶ少女

アメリカ : ワニ

南米 : ロバ

ローマ神話 : カボチャを食べる男

『 フェアトレード・オーガニック商品を扱うところ

〜 作家 〜

HimalayanMaterial ヒマラヤンマテリアル https://himalayanmaterial.stores.jp

Pray to nam 吉岡 知一 栄子 ラオス https://m.facebook.com/tomokazu.yoshioka.1

〜 お店 〜

People Tree http://www.peopletree.co.jp/

コミュニティートレード アル 石川県 http://www.h4.dion.ne.jp/~ftc/

元気な野菜たち のっぽくん 石川県 http://w2222.nsk.ne.jp/noppokun/

organic COTAN 自然食 コタン 岡山県 http://themarket.co.jp/cotan/

REBIRTH PROJECT 東京都 http://rebirthproject-store.jp

三宅商店 沖縄県 http://miyakeshop.com

シサム工房( 服飾・雑貨・インテリア、コーヒー ) http://www.sisam.jp saoban

ラオス http://www.saobancrafts.com

わかちあいプロジェクト( 食品中心 ) http://www.wakachiai.com

エコーレ( 自家焙煎コーヒー・自然食品 ) http://ecole1991.com

〜 活動 〜

metio メティーオ https://www.facebook.com/justa.organika.metio

UNITED PEOPLE http://unitedpeople.jp

映画『 ザ・トゥルー・コスト 』 http://unitedpeople.jp/truecost/about

「 南砺に灯った町の小さな映画館 」 Facebookページ https://www.facebook.com/nantoeigakan

南砺移住物語 chihiroiseyalife https://chihiroiseyalife.wordpress.com

伊勢谷千裕の南砺移住物語