All posts by 伊勢谷 千裕

2015年6月8日より 富山県は南砺市に移住し 農林業を体験し 土徳の教えを学びながら 毎日ブログを更新 南砺移住物語 https://chihiroiseyalife.wordpress.com 日々 感じる 太陽の温かさや 髪を揺らす風・波のリズム そして生きる為に必要不可欠な「 食べる 」という 忘れがちで当たり前のように受け取る自然からの恩恵を 私の感性・感情・美意識の赴くままに表現 大人には チ カ ラ がある 時々 使い方を過ってしまう キミは子どもの頃 何が好きだった? ボクは忘れぬよう アクリル樹脂に固め込む その傍ら フィルムの一眼レフカメラを片手に 世界放浪の旅に飛び出し そこに息づく人々の 生活風景を写真に収め 見たもの 聴いたもの 触れたもの 感じたものを言葉に紡いで たった一人のために 物語を書いて贈る という活動を行う 処女作「ほんの小さな物語」 挿絵 谷村 友 物語 伊勢谷 千裕 第二作「太陽と月の歌」 画家 多田 知史 物語 伊勢谷 千裕 伊㔟谷 千裕 1979.01.08生まれ 神奈川県出身 HP : http://web.mac.com/siberian_iris <主な活動歴> 2004.10 個展 「 伊勢谷 千裕展 」( CARDTERIAアートスペス / 自由が丘 ) 2004.11 「 EXスタジオ 」にてデジタル時計を販売開始 2005.02 森山 直太朗2005ツアー「 森の人 」衣装小道具を担当 2005.02 SOUND TO ILLUMINATE ( Clubみるく / 恵比寿 ) クラブイベントの空間デザインを担当 2005.09 野外音楽フェス「Camps vol.1」Barよいどれ店舗デザインを担当 2007.07 個展 「 j u v e n i l e j u n g l e 展 」 ( Gallery Kirari / 新宿 ) 2008.11 さかえ de つながるアートにてデコレーション&アクセサリー販売 2009.04 アースデイ東京2009 出展 ( 代々木公園 / 渋谷 ) 2009.06 個展「我楽多のバランス展」(shimokitazawa12 / 下北沢) 2009.10 野外音楽フェス Camps vol.6( 星の降る森キャンプ場 / 群馬 ) Camps DELI & Bar 酔いどれ の店舗デザイン・設営を担当 ホームページ・パンフレットに文章を掲載 2009.12 コラボ展 「 way way way 」 ( チャイハネ NeNe / 横浜中華街 ) 藤代徹也&有香 写真・絵 伊勢谷千裕 言葉遊び 2009.12 foehn* - Sketched by Peacenic '09 ( 大磯エピナール / 大磯 ) art unit「 Chitomo 」(ちっとも) a r t i s t [ 伊勢谷 千裕 ]とnaturalist[ Guri to Gura ]のYukko による空間演出 2010.08 コラボ展「 夢 の 中 で だ け ど 展 」( エンククイ / 恵比寿 ) 密かに書き溜めていた 「ほんの小さな物語」たちに 絵描きの榛葉 真透が色の世界を創造するコラボ展 2011.05 チャリティーフェス「 て と て 」( SHOKU-YABO農園 / 逗子 ) Camps × peacenic × 春の彩音 × Speakers vibes × 流壺 × and more 世界は変えるのではなく 創るのだ 東北地方太平洋沖地震で被災された 全ての方々に捧げる物語で参加 2012.04 P e a e c n i c 2 0 1 2 s p r i n g ~舟~ ( かねよ食堂 / 横須賀 )   イベントテーマ ~旗~ から ~舟~ へ    そこから派生する 人と人との繋がりの 新作の物語で参加 2012.07 REBIRTH PROJECT 第一回「論」(Cafe Slow / 国分寺) 企画で参加 2012.09 「ほんの小さな物語」(トラットリア&カフェ MISHIN / 三宿) 世界を旅しながら書き溜めた短編ファンタジー9話を集録した絵本を出版 2012.11 REBIRTH PROJECT 「道展」(GYRE / 表参道) おみくじインスタレーション&言葉で参加 2013.03 六本木アートナイト2013(ミッドタウン前 / 六本木) REBIRTH PROJECT「シャウティングスター丸」 ディレクターで参加

この南砺の街で生きる

2015年6月10日 南砺移住3日目

住民票を移し
晴れて南砺市民に
個人情報を左手で隠したら
まるでフラメンコを
踊ってるよう オーレッ!

そして大学を卒業したての
新任国家公務員の方達が
東京から地方研修の一環で
二階建て一軒家の我が家を
大掃除してくれた
明るい笑顔の子達で仕事も丁寧
心からの感謝
いつかまた必ず逢おう
そう約束して
大きく手を振り別れたを告げた

そのあと四月から移住した
地域おこし協力隊の先輩
井上さんと二人で夕陽を背に
南砺への熱い想いと
これからの青写真を描いた

僕らはまだ非力だけど無力じゃない

IMG_8900

IMG_8922

IMG_8935

IMG_8948

Advertisements

ライフラインの確保

2015年6月9日 南砺移住2日目

連れてきた唯一の生き物の
水草に新鮮な水を与える
家での話し相手は
まだこの子しかいない
名前でも付けようか

そして情報を集めて
スーパーセフレと
クスリのアオキにたどり着く
これでなんとか
ライフラインが繋がり
とにかくほっとした

何気なく立ち寄った店
YAMANE DENKIさんでは
近所の助けてくれた方々や
これから関わる方々とも
みんな知り合いで
眼をまん丸にして驚き
そして笑い
南砺の魅力の虜になる

ここに来てから
五感をフルに覚醒させて
嗚呼
何かに導かれているのだな
っていう実感がある

IMG_8777

IMG_8819

IMG_8827

IMG_8854

南砺に移住しました

2015年6月8日 南砺移住初日

富山県は南砺市に
無事に移住しました

海の無い南砺に
サーフボードを持ってきても
その絵が欲しかったと
温かく迎え入れてくれた
この町に暮らす人達が好きです

日が暮れると
蛙の鳴き声しか
聴こえない闇夜ですが
僕は元気です

この町で
精一杯 生きてゆきます

image

image

image

覚悟と感謝

私 伊㔟谷 千裕
REBIRTH PROJECTの
地方創生事業の一環で
二〇十五年六月八日より
富山県は南砺市へ
移住する事を決意いたしました

地域おこし協力隊制度を活用させていただき
農林業資源を活かした産業化と
従事者の促進という任務を全うしながら
田中南砺市長が掲げるエコビレッジ構想
REBIRTH PROJECTが想像する
リバースビレッジを創造する為に
尽力して参りたい所存です

先日は
REBIRTH PROJECTのメンバーに
サプライズ送別会を開いていただきました
全く気が付かず見事に騙され
この方々は
遊びもクリエイトする天才だと
目頭が熱くなり隠れて涙しました

村松一さん
はじめさんが僕をREBIRTH PROJECTの
大切な仲間だと言ってくれた事が
嬉しくて嬉しくて
覚悟することができました
ありがとうございます

龜石太夏匡さん
タカさんが僕の弱さの本質を見抜き
叱咤激励してくれたことが胸の奥底まで響き
覚悟することができました
ありがとうございます

そして伊勢谷友介
ガキの頃から僕の憧れのスーパースターで
全幅の信頼を置ける親族が
先の先の将来まで想ってくれたから
覚悟することができました
ありがとうございます

名前を挙げればキリがありませんが
僕が遠く離れた場所へ移住して
傷付く事を恐れず安心して勝負できるのは
REBIRTH PROJECTという
家族のような親近感のある
絶対的な存在があるから
なのだと思います

REBIRTH PROJECTの
仲間から貰った餞別品に
こんなにも深く愛されていたのかと
身体が震えるほど感動したので
紹介させてください

ちーくんが
南砺ですべき
10のこと

1
全身全霊で
南砺市を愛する。
そしてそれを
アピールする。
“NANTO NANTO Tシャツ”

2
一人でも、
記録をとにかく撮る。
“自撮り棒”

3
家に人の気配がする前の
お祓いをする。
“神札”

4
種を植える。
しかも種までとる。
“つなぎ&足袋
はてなカボチャの種&雪白体菜の種&大豆
ファン・デグォンのDVD”

5
得意料理を増やす。
“LeeREBIRTH PROJECTのエプロン”

6
新しいスポーツを
はじめる。
“バドミントンセット”

7
コーヒーを
豆から挽いて、楽しむ。
“コーヒーミル&コーヒードリッパー”

8
家族に手紙を出す。
“バカボンのパパPOST CARD”

9
焚き火を囲んで
友とゆっくりと語らう。
“焚き火ピラミッドグリル”

10
運命の人と出会う。
“ジンベイザメの手ぬぐい??”

これまで絵本作家 物語作家
として活動してきました
描く世界はファンタジー
それはただ美しい言葉の羅列ではなく
歯の浮くような綺麗事の物語でもない
現実を見つめて見つめた
その先に広がるファンタジーの世界
社会問題や環境問題
枯渇する化石燃料
地球の裏側で起こる
先進国と発展途上国との間の不平等
歴史を徹底的に調べ現実を直視し
真実を知れば知るほどに
世界は問題にあふれていました
今でも言葉のチカラを信じています
しかしながら
知ってしまった人間の責任として
具体的な解決策を
汗や涙を流し泥だらけになりながら
人と人との対話の中で行動して
具現化する事に
命を燃やして参りたい所存です

どうぞよろしくお願いいたします

伊勢谷千裕

Good bye TOKYO , Hello NANTO

image

image

image

image

image

image

image

image