いしる醤油

2016年3月28日 富山県は南砺(なんと)移住295日目

発酵食大学のレシピを見ながら ちょっとアレンジ自炊に挑戦 パート5

『 いしる醤油の野菜具だくさんトマトスープ & 朝摘みふきのとうの天麩羅 』

日本三大魚醤のひとつ

奥能登の漁家でイカの内臓や 鰯や鯖に食塩を加えて漬け込み

一年以上かけて 発酵そして熟成させた浸出液 「 いしる醤油 」

魚醤ならではの芳醇な臭みが どう味の引き立て役になるのか

レシピには野菜は冷蔵庫の余り物で ペースト状にということだったのだが

フードプロセッサーがない為

買ってきた野菜 ジャガイモ アスパラガス しめじ たまねぎ トマト

これらをミネストローネ風に切る

いしる醤油・醤油麹・胡麻油で 味を整え風味をつける

朝摘んできた春の旬 ふきのとうを見よう見まねで天麩羅へ 岩塩を添えて

一見洋風なスープから 磯の香りが漂い

発酵と熟成の年月が重ねた 奥深い旨味が口いっぱいに広がり

目を閉じれば そこには漁師町の光景

潮騒の音が聴こえる

発酵食大学 http://hakkoushoku.jp

南砺移住物語 chihiroiseyalife https://chihiroiseyalife.wordpress.com

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s