産まれてはじめて 手渡された赤ん坊みたい

2016年5月19日 富山県は南砺(なんと)移住347日目

僕の尊敬する絵本作家 荒井良二さんの絵本原画展

「 スキマの国の美術館 」を観てきた

荒井良二さんは 描くモノと描かれるモノを

産まれてはじめて 手渡された赤ん坊みたい

荒井良二さんは小さな子ども達に

「 おじさんって絵がヘタクソだね 」

と言われるのが最高の褒め言葉だと話す

大好きだから いつも荒井良二さんの絵本は

大切な人にプレゼントしちゃって 僕の手元には一冊も無かった

今日やっと 荒井良二さんの絵本を 自分の為に買った

ずっと欲しかったんだ

ずっとずっと欲しかったんだ

荒井 良二 インタビュー http://mi-te.kumon.ne.jp/contents/article/12-73/

砺波市美術館 http://tonami-art-museum.jp/kikaku.html##334

南砺移住物語 chihiroiseyalife https://chihiroiseyalife.wordpress.com

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s