人が成長する瞬間に立ち会えた

2016年2月28日 富山県は南砺(なんと)移住266日目

江戸時代より続く 五箇山に暮らす人々が 特産物の売り買いをしてきた

城端は「 つごもり大市 」

『 域学連携 五箇山 』 相模女子大学・大東文化大学・富山県立大学の学生が

上平の赤カブや五箇山のとうふ、利賀の蕎麦など 南砺の食材を使った創作料理を販売

僕たち地域おこし協力隊も

ここ数日間 サポートさせていただいた

毎日 早朝から深夜まで レシピの創意工夫

膨大な量の食材の仕込み

読みやすいメニューのネーミング

商品の撮影へのこだわり

率先してタイムスケジュールを決めて

ほかほかで提供できるように

当日 早起きしておむすびを握ったりと

終始がんばっている姿を見届けた

赤かぶのポタージュ:80食 完売

Made in 五箇山 肉どうふ:73食 完売

そばクッキー:44袋 完売

赤かぶ入り とろろ昆布おむすび:51パック 完売

黙っていてもお客さんは来ない

一生懸命さや誠心誠意や熱意

ダストボーイと名乗り

ゴミ袋を腰に巻き

積極的に食後の空皿を回収する心遣い

そしてなにより「 元氣 」が伝わり

まさに南砺の心を動かしたのだと想う

天晴れである

行き交う町の人からは

五箇山の食材を使うことで

つごもり大市の本来の意味を取り戻したと

最高の賛辞もいただいた

すべての行程が終わり

修了証が授与された

人が成長する瞬間に立ち会えた

域学連携 五箇山 https://www.facebook.com/gokayamaikigaku/

南砺移住物語 chihiroiseyalife https://chihiroiseyalife.wordpress.com

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s