きっとタイムスリップをしたら こういう気分

2016年3月31日 富山県は南砺(なんと)移住298日目

埋没した過剰歯2本

悪影響を及ぼす親知らず4本

全身麻酔で一気に抜歯の手術

無事に終了しましたことを

ここにご報告いたします

ドラマでしか見たことがなかった手術室

いよいよかと腹をくくる

心地の良い音楽が流れ

手術台に仰向けで寝そべる

深呼吸して自分を落ち着かせ

天井にはSF世界のような照明

両脇で看護師たちが手際よく準備をする

点滴の中に麻酔薬が投与された

いつ意識を失ったか気がつかなかった

「 伊勢谷さん 伊勢谷さん 」と

声を掛けられた

これから手術が始まるのかと思ったら

もう終わりましたよと告げられた

ベットのまま病棟を移動され

朦朧とする意識で

状況を理解することができず

「 今何時ですか? 」

「 これからどこへ行くんですか? 」

たくさん質問を浴びせる

病室に戻ると

確かに二時間経過している

麻酔が切れ始めると口の中が ズキズキと疼きだし

きっとタイムスリップをしたら

こういう気分なのかと想像力を巡らせて

未知なる扉をこじ開けたような感動に

ひとり笑いがこみ上げていた

南砺移住物語 chihiroiseyalife https://chihiroiseyalife.wordpress.com

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s