「 醸す 」

2016年3月2日 富山県は南砺(なんと)移住269日目

発酵食大学のレシピを見ながら 自炊に挑戦 パート3

『 鶏と南瓜の塩糀のスープカレー 』

糀を調味料としてだけでは無く

肉に塩糀を漬け込んで 「 醸す( かもす ) 」という事を

やってみたかった

酵素の見えないチカラで

旨味を引き出し肉を柔らかくするから

『 ニホンコウジカビ 』

8世紀初め奈良時代の 『 播磨国風土記( はりまのくにふどき )』に

「 神様に捧げた蒸し飯にカビが生え これで酒を醸した 」 という記録が残っており

日本における麹の起源とされている

1000年以上も昔の平安時代には

何億種類ものカビの中から有益なコウジカビだけを 抽出する技術を開発し

室町時代には 種麹屋(もやし家)が存在し

我々の先達が古来より大切に育んだ真骨頂

味噌・醤油・味醂・甘酒・日本酒・酢・鰹節

日本人の食文化の歴史と共に生き

2006年に国菌と認定された

和食 洋食 東南アジア料理 南米料理 アフリカ料理

肉 魚 野菜 果実 油 食べることに制限が無く

なんにでも応用が利く

その可能性

その魅力の虜になる

世界は見えない糀のチカラで醸される

発酵食大学 http://hakkoushoku.jp

南砺移住物語 chihiroiseyalife https://chihiroiseyalife.wordpress.com

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s