昔の暮らしの日常が 今の暮らしの非日常

2016年2月7日 富山県は南砺(なんと)移住245日目

南砺に暮らすアイガモ農法の創始者 荒田 清耕さんの味噌作り会へ

38年無農薬のアイガモ米を

石黒種麹店の種麹で発酵させ麹を作り

やはり無農薬栽培・堆肥のみで育て

18時間以上吸水させてから

煮上げた大豆をグルグルとすり潰して

天日塩と混ぜ合わせてゆく

荒田さんの味噌作りの説明から

ちょいちょい脱線する話が面白く

今尚この日本をどうすれば

もっともっと素晴らしい国になるのか

情熱の塊のようなお人柄

嫌気性発酵といい 空気が混ざるとカビてしまうため

ぼた餅状の味噌

雪合戦の玉のように握って桶に投げ付ける

これを味噌玉と呼ぶ

最後に 抗菌・殺菌効果のある笹の葉を添えて

密封して重石をのせて完了

春頃にはアルコール発酵して爽やかな香りに

秋頃にはたんぱく質が分解され旨味成分が 一年二年と経つともっと旨くなり

三年もすると本格的な絶品味噌

十年なら超絶品 もうヨダレが垂れそうになる

昔の暮らしの日常が 今の暮らしの非日常

点と点が一本の糸で繋がった

アイガモ農法 ウィキペディア https://ja.m.wikipedia.org/wiki/合鴨農法

石黒種麹店 http://www.1496tanekouji.com

南砺移住物語 chihiroiseyalife https://chihiroiseyalife.wordpress.com

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s