太陽太陰暦

2016年2月4日 富山県は南砺(なんと)移住242日目

立春

暦の上では今日から春

書類制作三昧の地味な始まり

農業や林業に携わると

どうしても現代の暦の主流となっている

太陽暦(グレゴリオ暦)だけでは辻褄が合わなくなり

太陰暦を学ばざるを得ない

太陽暦は地球が太陽を一周する周期

太陰暦は月が新月から満ち欠けしてまた新月になる周期

古来より日本は太陰太陽暦と共に暮らしてきた

それは 365.2425日を一年とした

季節の二十四節気を明確にする太陽暦と

29.5306日を一ヶ月とした

新月や満月の波動や潮の満ち干の太陰暦を併用した

世界屈指の高度で科学的な暦

明治五年十二月

時の日本政府の勝手な都合により

突然 太陽暦(グレゴリオ暦)に変えられ

日本の伝統行事も農業も林業も漁業も混乱した

暦や天文学は

浪漫で誕生したのでは無く

厳しい自然環境の中で

人類が生き残るための叡智

ほぼ日刊イトイ新聞 むかしの暦で、いまを楽しむ。 https://www.1101.com/koyomi/2006-08-08.html

南砺移住物語 chihiroiseyalife https://chihiroiseyalife.wordpress.com

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s