郷土料理 かぶら寿し

2015年12月2日 富山県は南砺(なんと)移住178日目

北陸地方の郷土料理
かぶら寿し作りにお呼ばれ

加賀藩の食文化の一端で
江戸時代には現在とほとんど変わらない
かぶら寿しの記録があるとか

雪国の冬の訪れを知らせるように
塩漬けしておいたかぶらの輪切りに
高級魚の鰤だったり
富山県は呉西は鯖を呉東は鮭を挟む風習があり
人参の千切りにほんのり柚子の香り
そして決め手は糀で漬け込んで発酵させる
なれずしの一種

芳醇な甘味に程よい酸味
かぶらの食感と魚独特の旨味
日本酒で一気に喉元を潤したい

お子様たちに遊んで遊んでとせがまれて
真剣に遊んでいたらいつの間にか完成

久しぶりの家庭の料理
夕御飯をたらふくご馳走になり
まだ出逢ったばかりなのに
旧知の友人のように
自然体でいられる空気感
笑顔が絶えない飾らない会話

かぶら寿しの作り方
なんにも覚えてないけど
でも後悔は無い
むしろ幸せ者である

image

image

image

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s