冬支度

2015年11月1日 富山県は南砺(なんと)移住147日目

冬支度

嬉しいことに我が伊㔟谷邸には
大鋸屋村のご近所さん
新天地に遊びに来てくれる故郷の友人
移住してからできた県内外の新しい友達
地域おこし協力隊の仲間たち
多数のお客さんが訪ねてくれる

心地よいおもてなしができるように
性能と外観に惚れて買った石油ストーブ
灯油タンク&ポンプ
大家さんに借していただいたファンヒーター

温かい鍋が食べられるように
職人に注文した土鍋は焼き上がり待ち
これまた大家さんに借していただいたガスコンロ
南砺リサイクルセンターで貰った食器皿

お風呂の時間も楽しくなるように
湯船に浮かべるアヒルを5羽と
天使のキューピーちゃん2人
冗談はさておき

あらゆる人から
南砺の冬の豪雪の
過ごし方を教えていただき感謝
きっと想像を超えて
悪戦苦闘の日々となることでしょうが
それさえも貴重な経験
五感を震わせる感動に昇華させて
物語作家魂を燃やします

image

image

image

image

僕が創った青空が広がって

2015年10月31日 富山県は南砺(なんと)移住146日目

「つなげよう、支えよう森里川海」
第3回フィールドスタディ
夢創塾で「大人の遊び場」を体験する旅 in 朝日町

塾長の長崎 喜一さんが
「定年後の大人の遊び場にしよう」と
谷間にある休耕田跡に
自力で小屋を建てたのが始まり
いつのまにか炭焼き小屋・ピザ窯
水車での磁力発電・五右衛門風呂などの建築物
アイガモ・山羊たち動物との暮らし
海水を炭火で煮詰めて塩作り
ツリーハウスやブランコと遊具も備えた
一大自然体験ゾーンとなり
全国から子どもや大人がやってくる空間に

急斜面の森を両手両足で登っていく
産まれて初めての木の伐採
凛として天に向かってそびえ立ち
空気がひんやりと澄んでいる
あれこれごちゃごちゃ考えていた頭の中が
眼の前の一点に無心となり対話する

あなたはわたしで
わたしはあなた

僕の人生より遥かに長く生きた
樹齢五十年程の杉の木が静かに倒れた
足がガクガク震える
手に残った生木の感触
心臓が痛いほど大きく鼓動する
見上げれば
僕が創った青空が広がっていて
太陽の木漏れ日を浴びた

温かい 温かいよう こんなにも温かい
見える 空が見えるよ ほら空が見えるよ

手袋を脱ぎ
きりかぶの年輪を確かめるように指で撫で
小さな小さな新芽に語りかけていた

夢創塾
http://blog.nsk.ne.jp/nagasaki/index.html

グリーンツーリズムとやま
http://gt-toyama.net/1373.htm

ECOTO
http://ecoto.jp

環境省「つなげよう、支えよう森里川海」
http://www.env.go.jp/press/101559.html

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

働き者の素朴な顔

2015年10月30日 富山県は南砺(なんと)移住145日目

実るほど頭を垂れる稲穂かな

黄金色に輝く稲が風にたなびく
かとうしぜん農園は稲刈りの季節

日本人として
八十八の神が宿る“ 米 ”を
知っておきたかった

黒米と赤米

ひとりで刈るより
ふたりで刈るより
さんにんで刈るより
みんなで刈ると
お喋りしながら愉快で
元気がみなぎるのさ

刈りながら移動して
十文字にかさねていたら
理にかなった動きの跡には
綺麗な紋様が描かれてた

ぬかるんだ稲田だってへっちゃら
手も顔も長靴も泥んこまみれで戯れる
イモリの憩いの場を邪魔してしまい
すこしだけ一緒に遊んだら
“ ごめんなさい ”を言って住み家へと帰す

横一列になって稲穂を藁で縛る講習
巻いて藁と藁を重ねて
ぐるんと回してで
何度見本をやってもらっても
理解できなくって
不思議で 不思議で
絶対 魔法を使ってるとケタケタ笑う

手分けしてお昼御飯の準備
かとうしぜん農園で収穫した
玄米おにぎり
栄養満点の豚汁
みんなで持ち寄りの
春菊やカブの葉の和え物
両手を合わせて“ いただきます ”
嗚呼 全部 美味しい

嘘みたいな大雨に降られ
家で黒胡麻を鞘から粒落とし
ひと握りの胡麻
甘い芳醇な香りが漂い
指先から生命の源が伝わる

流れる雨雲
貴重な晴れ間
それ今しかない

落穂拾い
ジャン=フランソワ・ミレーの
名画を思い出し
見渡せばいつの間にか
人間も風景もなにもかも
その絵の世界に飛び込んでいた

細い畦道を稲穂の束を抱えて綱渡り
雨に濡れてズシリと重たい
なぜだろう
心の中では“ ありがとう ”とつぶやいている

吐く息は白く
雨宿りしながら
温かいお茶を飲み談笑
お喋りは続くよどこまでも
規則正しく並んだ杉の木
刈った稲穂をはさ掛けにして自然乾燥

黄金色の稲穂の絨毯を背景に
恥ずかしがり屋たちの
照れくさそうな集合写真

働き者の素朴な顔
この顔が好きだ

metio 移動式フェアトレードショップ
https://m.facebook.com/justa.organika.metio/

なんときくばりPROJECT
https://m.facebook.com/kikubari/

井上隊員ブログ
http://nantolife.blog.fc2.com/

株)ワールドリー・デザイン
http://worldly-design.jp

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

これを飲んだら帰ろう

2015年10月29日 富山県は南砺(なんと)移住144日目

東の方角から太陽が昇る
拝みたくなるような光
朝が来た

立山町地域おこし協力隊との
夜更けすぎまで尽きない語らい
えもいわれぬ満面の笑みの余韻と
少しばかりの二日酔いに浸りながら

僕ら南砺市地域おこし協力隊は
休日をいただいて
暮らす家がある南砺までの帰路
風の吹くまま 気の向くまま
のんびりと射水市の魅力を尋ねた

天然温泉 海王
こだわりとユーモアあふれる
そこかしこに筆文字で
タオルは頭にのせて露天風呂
男同士の裸の付き合い
なんの気なしに
好きな音楽の話に興じる

異国情緒が漂うプレハブ小屋
えっ ここは日本?!
パキスタン料理店カシミール
香辛料がたっぷり効いた
マトン チキン 豆 野菜のカレー
みんなでシェアして食べて
ナンを2枚おかわりして
結局2枚食べきれずに残して
テイクアウト

運河が流れる新湊内川の畳屋が
オーガニックコーヒー&ティーの
お洒落でモダンなカフェに
生まれ変わった六角堂
ほっと落ち着く空間
散りばめられた おもてなしの心

これを飲んだら帰ろう

僕ら地域おこし協力隊の任期は三年
終わりがあるのは最初から知っていたこと

かけがえの無い日々を
噛み締めるかのように
胸ポケットに仕舞って

天然温泉 海王
http://onsen-kaiou.jp

パキスタン料理店カシミール
https://ja-jp.facebook.com/pages/カシミール/168152626530110

cafe uchikawa 六角堂
http://inacafe.net

南砺市地域おこし協力隊
https://m.facebook.com/nantookoshi/

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

繋がる人生の摩訶不思議

2015年10月28日 富山県は南砺(なんと)移住143日目

立山町地域おこし協力隊
南砺市地域おこし協力隊
情報交換会&交流親睦会

立山町地域おこし協力隊
陶芸家佐藤みどりさんの
自宅兼工房に夢が膨らむ

伝統420年越中瀬戸焼
庄楽窯釋永陽さんとお子
ほら火の精霊がいた氣が

立山町地域おこし協力隊
山岳ガイド松田好弘さん
立山信仰立山曼荼羅熱弁

和む空気の芦峅寺交流館
お袋の味沁みる郷土料理
活動や苦悩や展望を発表

落差日本一を誇る称名滝
霧雨煙る芦峅雄山神社に
閻魔堂明念坂布橋灌頂会

立山町の皆々様とBBQ
雲の隙間青白い月明かり
繋がる人生の摩訶不思議

立山Craft
http://tateyamacraft.wix.com/tateyamacraft

越中瀬戸焼
https://kinarino.jp/cat7/11633

南砺市地域おこし協力隊
https://m.facebook.com/nantookoshi/

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

生きることは 食べること

2015年10月27日 富山県は南砺(なんと)移住142日目

富山県 砺波市・高岡市・氷見市
直売・加工施設視察研修会に
南砺市地域おこし協力隊で参加

砺波市
道の駅 砺波 農産物直売所
「 となみ野の郷 」見学

高岡市
JA高岡農産物直売所
「 あぐりっちアグリピア店 」見学

高岡市
JA高岡農産物直売所
「 あぐりっち佐野店 」見学

砺波市
農園カフェ農工房
「 長者 」見学&昼食

氷見市
「 氷見あいやまガーデン 」見学

氷見市
氷見漁港場外市場
「 ひみ番屋街 」見学

地元野菜を安心安全に育てる
地元野菜をしっかり売る
地元野菜を地元の住民が食べる
地元野菜を美味しく料理する
地元野菜を観光者に伝える

生きることは 食べること

おじいちゃんもおばあちゃんも
おとうさんもおかあさんも
ぼくたちもわたしたちも
はるかみらいのこどもたちも

明日はどこのなんの命を食べる?

南砺市地域おこし協力隊
https://m.facebook.com/nantookoshi/

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

僕の友達と僕の友達とが出逢い またそこで友達になる

2015年10月26日 富山県は南砺(なんと)移住141日目

麹から
初めての甘酒作りに挑戦
石川県から友達が遊びに来てくれた

初夏の頃
導かれるように訪れた
オーガニック&フェアトレードの店al
そこで出逢った理恵くん
塩麹 醤油麹作りを教えてくれて
友達になろうって言って友達になった
最初の友達

その女の子が
友達のいっちゃんを連れて来て
僕は友達になる

ぽかぽかの小春日和
まずは老舗の
石黒種麹店で麹を買う
奥さんと息子さんが
明るくもてなしてくれる
僕は今回
塩麹 醤油麹 甘酒の
みっつに挑戦だから
麹を一枚(900g)にした

そこから歩いてゆける
もう行き着けとなったとうふ屋さん
世間話をしながらのどかな買い物風景

伊勢谷邸の台所
包丁の音 水の音 生姜をおろす音
お湯が沸騰する音 食器の音
賑やかになりいい匂いがしてくる

僕は土間で炭火を起こし七輪の準備
ちょうどお昼ご飯が完成した頃
高岡市の友達のマサくんがひょっこり現れる

僕の友達と僕の友達とが出逢い
またそこで友達になる

もちろん麹を使った数々の料理に
僕は思わず
「 全部 美味いっ 」と連呼し続け
箸が止まらない止まらない

太陽が刻一刻と表情を変え
すべてを黄昏色に染めてゆく
今日という日が愛おしい

塩麹 醤油麹の瓶に日付けを書いた
以前に作ったのは3ヶ月前か
遠い遠い昔のことのようにも感じた

僕は日付けを書くのが好きなんだ
地球が誕生して46億年
ひいては宇宙が誕生して138億年
果てし無い時間が流れようとも
二度とは訪れないこの瞬間

なんとなくシールを
剥がさないでおこうと思った
なんとなくね

次は味噌作りに挑戦だ

コミュニティ・トレードal
http://www.h4.dion.ne.jp/~ftc/

nimder!(ニムディエ)
ラオスの言葉で『笑って!』
https://www.facebook.com/nimderP

石黒種麹店
http://www.1496tanekouji.com

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

灯った小さな火を絶やしたくない

2015年10月25日 富山県は南砺(なんと)移住140日目

秋晴れの閑乗寺公園
木漏れ日に照らされる茅葺きの古民家
“ ほのぼのマルシェ ”
昼下がりにふらりひとりで訪れた

オーガニック料理や
フェアトレードの商品
作家さんの心がこもった小物
どこからともなく民族楽器が奏でられ
子ども達が元気にハシャグ
久しぶりの人や 初めましての人
約束もせずに逢える人がいる

木の実の炭の作品と
ティッシュカバーを購入した
僕は自分が良いと思って
生活に必要な作家の作品には
惜しみなくお金を出す事にしている

夜もふらりひとりで遊ぶ
いのくちcinemo椿館
ドキュメンタリー映画「それでも僕は帰る」
〜 シリア 若者たちが求め続けたふるさと 〜
民主化運動を求めて非暴力の抵抗デモ
二人の若者が先導しシリア全土に広まった
事態が一変したのは
政府軍の容赦ない攻撃に市民が殺され
対話はもはや不可能と悟り
これを機に武装闘争へと転換してゆく

対岸の火事などでは無い
我々 日本人でも起こりうる事だ

上映後
主催者の磯辺 文雄さんと
少しだけ話をさせていただいた
南砺には映画館が無いと言われているけど
そんなことはない
こんなにも素晴らしい文化事業
灯った小さな火を絶やしたくない
企画に参加させていただける事になった

本当は映画はひとりで観るのが好きで
秘密の隠れ家にもしたかったけど
素敵なモノは皆んなで分かち合わなきゃ

ほのぼのマルシェ
https://m.facebook.com/ほのぼのマルシェ-596807530404419/

いのくち cinemo椿館
http://blogs.yahoo.co.jp/isop18/65200503.html

image

image

image

image

image

image

image

image

春夏秋冬 季節を巡って美しい

2015年10月24日 富山県は南砺(なんと)移住139日目

白川郷・五箇山の合掌造り集落
世界遺産登録20周年記念フォーラム
「 われらがつなぐ合掌文化 」

白川郷と五箇山は
8世紀頃から始まった
白山を対象とする山岳信仰の
修験の行場として開かれた
また人里離れた深い山間の地であることから
平家の落人の伝説が
多くの集落で語り継がれている
13世紀中期以降になると
浄土真宗がこの地域に浸透して
各集落に寺や道場が建立され
現在でも人々の多くは信仰に篤く
強い精神的結びつきの拠り所となっている
冠婚葬祭や家屋の普請
また山道の草刈りや除雪
茅葺き屋根の葺き替えなどを
伝統的な慣習
「 結(ユイ) 」「 合力(コーリャク) 」
と呼ばれる労働力の等価交換で
互いを助け合っている

南砺市立上平小学校6年生のみなさんが演じた
「 未来へつなげ!私たちの五箇山 」
当時
世界文化遺産になることでの
村人の暮らしの苦労
伝統や文化
豪雪地帯の自然と共に生きる尊厳
知恵と工夫の木造建築技術の到達点
空き家問題や衰退した茅場の現状
観光地化することでの治安悪化
相当に歴史を勉強して
そして一生懸命に練習してきたのだろう

拍手喝采
見事だった

日本の宝

春夏秋冬
季節を巡って美しい

南砺里山倶楽部
http://www.nanto-yui.jp

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image