ただただ感銘を受けた

2015年11月19日 富山県は南砺(なんと)移住165日目

里山と生きる。
わくわく、どきどき、
“ 土と遊ぶ野原のように ”

富山市は土遊野を見学させていただいた
合鴨農法
無農薬有機野菜
平飼い養鶏
食肉加工
肥料飼料製造
六次産業
太陽光発電 小水力発電

かつて限界集落と言われた村を
希望の場所へ
三十年ほど前に都会から移住した橋本夫婦
もはや完璧とも呼べる
これ程までの有畜循環型自然農場は
並大抵の根性では成し得なかっただろうと
察するに余りある

都会で生活することで芽生えた危機感
食べることと命をいただくことが離れ始めている
自然と人間が離れ始めている

言葉もお金も通用しない
自然と向き合う生き様
生きることは殺めること
命と対峙する生き様

この地球には人間以外にも
たくさんの生き物が生きているということを
ひとりひとりに伝え続ける惜しみない努力

先代が築いてきた美しい里山
森と棚田を基盤とした
大自然と調和する日本人の生活文化
失われつつある精神の
最後の砦なんだという覚悟

ただただ感銘を受けた

土遊野
http://doyuuno.net

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

 

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s