蘇生の日を何百年でも 待ち続ける

2015年10月17日 南砺(なんと)移住132日目

「 五十の手習い塾 」
二泊三日 島根県視察研修 参日目

島根県は雲南市吉田町
全国地域ミュージアム活性化協議会
事務局長理事 藤原 洋 氏
鉄の歴史村地域文化研究所
髙木 朋美 氏

たたら製鉄
日本古来の製鉄方法で
山から採る山砂鉄
川で採取する川砂鉄
海岸で採取する浜砂鉄を原料として
純度の高い
高品質の鉄を造ってきた幻の生産技術
燃料となる薪の原料としての山林
そして砂鉄を取るための川
祖先たちが育んできた歴史と伝統は
自然条件との結び付きが強く
究極の和鉄 玉鋼
世界の美術品ともいわれる日本刀は
出雲和鋼の優れた鋼によって
創り出される

菅谷たたら高殿の心臓部
ここだけ時が止まったまま
蘇生の日を何百年でも
待ち続ける聖域のようだった

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s