すべての武器を楽器に

2015年9月6日 南砺移住91日目

舞台演出家 鈴木 忠志 氏
SCOT 〜利賀に拠点を移して40周年〜
合掌造り劇場「リア王」
at 南砺市 利賀芸術公園

原作 ウィリアム・シェイクスピア

ドイツ、イタリア、アメリカ、中国、韓国
そして日本の俳優が
ひとつの舞台上で
全く異なる母国語で演じる字幕劇
飛び交う言語は意味を超越して
民族の尊厳や誇り そして見事な調和
音の無い世界に
初めて産声を上げた日の如く
人類最古の楽器「声」

「すべての武器を楽器に」

そう叫んだ沖縄の男のことを思い出した
深い森の秘境で舞台藝術が
過去と現在の
延長線上にある未来を捻じ曲げ
光と影の魔術
悲劇のはずの舞台に光芒が射し込んだ
少なくとも僕にはそう見えた

開演前
まだ明るかった空は
真っ暗な夜空に
今日という日に起きた事件
理解をするには
まだ時間がかかりそうだ

灯りと香りに誘われて
隣接した飲食ブース
「天空と星空のシアターヴィレッジ」へ

歴史的瞬間の目撃者が集う
腹が減っていた事も忘れていた
ほっとしたのは
見馴れた顔ばかりがいてくれて
楓ちゃんと美知恵さんが看板娘の
京大カレー部の
猪カレーをいただいた

香辛料が夢と現実の狭間を
浮遊する僕を繋ぎ止めてくれた

SCOT
http://www.scot-suzukicompany.com

天空と星空のシアターヴィレッジ
http://www.nantolife.jp

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

異空間に花火が打ち上がった いや あれは爆破だ

2015年9月5日 南砺移住90日目

舞台演出家 鈴木 忠志 氏
SCOT創立50周年
利賀に拠点を移して40年

SCOT SUMMER SEASON 2015
野外劇場「世界の果てからこんにちは」
at 南砺市 利賀芸術公園

森を駆け抜け人里を離れた秘境
尊敬の念を込めて こんな場所に
世界各国の人びとが
期待に胸を膨らませて並んでいる

記憶の断片を繋ぎ合わせたような
時空と精神を行き来する前衛的な世界観
アートという言葉は不釣り合い
これこそが藝術なんだと体現する

どれだけの厳しい稽古を
乗り越えてきたのだろうか
察するに余り有る
重力や慣性の力に抗い
眉毛の角度 眼の表情
関節の可動域 肉体の可能性
頭の先から指先まで
髪の毛の一本一本にすら
神経を研ぎ澄ませ
演じることに人生を捧げる

異空間に花火が打ち上がった
いや あれは爆破だ
脳天をカチ割るほどの衝撃

「日本はお亡くなりになりました
日本もいつかは死なねばならなかった
そういう知らせを一度は聞くだろう
と思っていた」
台詞をも爆破させるアフォリズム

この舞台藝術を一目見てしまった者は
「楽しい」に飽きてしまい
乾いた身体を潤すには
「感動」を欲せずには生きられなくなる

SCOT
http://www.scot-suzukicompany.com

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

事実は小説よりも奇なり

2015年9月4日 南砺移住89日目

虫歯になったことのない僕は
歯の矯正治療のため
人生二度目の歯医者さんへ

「治療中の写真を
撮っていただけますか?」
と恐る恐る看護師にお願いすると
「5年も働いているけど
こんな依頼は初めて」と言われる

赤面である

レントゲン写真を確認すると
本来 存在するはずの無い
過剰歯なるものが発見された

笑顔は消え凍りつく

それは普通の人よりも歯が一本多く
30年近くも前歯の歯茎の中に
真横になって埋もれていたのだ

事実は小説よりも奇なり

狼狽える僕は
それはもしかしたら双子になるはずの
片割れだったのかもしれないと
勝手にロマンチックに想像を膨らませる

歯の矯正治療は一旦
暗礁に乗り上げた

事実を受け入れられないまま
五箇山はゲストハウス
YAMASHITA-YAを紹介していただく

壁の珪藻土や和紙の貼り絵など
宿泊した外国の方々と創作したりと
旅人の数だけ想い出を残す
まさにお客さんと共に育てるゲストハウス

一期一会

町で すれ違うだけの人が多い この世の中で
今まで出逢ってくれた全ての人に
「ありがとう」って伝えたくなった

ゲストハウス YAMASHITA YA
http://www.gokayama-yamashitaya.com

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

新しいモノが産まれる予感 内側の漆黒の世界から クチバシで卵の殻を割る音がした

2015年9月3日 南砺移住88日目

種を蒔く

ほうれん草 大根 ルッコラ 白かぶ
春菊 コリアンダー わさび菜

恥ずかしながら
食材としてスーパーに
陳列している姿しか見たことがなく
種があるなんて想像すらしてこなかった
一概に野菜と言っても
根だったり
葉だったり
実だったり
花だったり
そんなことも考えずに食べてきた
いかに都会で暮らしていると
生産背景を無頓着に生きていたのかと
思い知らされた

不思議な花が咲いていた
それはゴボウの花だと教えてくれた

可愛らしい花が咲いていた
それは胡麻の花だと教えてくれた

花から花へ
蜂がせっせと蜜を集めていた

静まり返った星空
桜ヶ池湖畔のフランス料理店
L’ensoleiller 「ランソレイエ」の
オーナーシェフ 高見さんから
食事会に招待していただいた

これからの農家や
各地域の土壌の特性
野菜の持つポテンシャル
料理にして最も活かす方法

心地よいオーラが漂う空間
優雅に流れる時間
新しいモノが産まれる予感
内側の漆黒の世界から
クチバシで卵の殻を割る音がした

湧々農場HP
http://www.wakuwaku-nojo.com
湧々農場Facebook
https://m.facebook.com/wakuwakunojo?refsrc=https%3A%2F%2Fja-jp.facebook.com%2Fwakuwakunojo

L’ensoleiller 「ランソレイエ」
http://lensoleiller.com

epicerie Cerisier「エピスリー スリジェ」
http://www2.tst.ne.jp/equipe-1/con01.html

八百楽農園
https://m.facebook.com/yaorafarm

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

対極にある点と点を 円周上で繋げて輪となし 回転させて球体を創る

2015年9月2日 南砺移住87日目

南砺博士を目指して

足の踏み場も無いほど
散らかり放題だった
パンフレットや広報誌
勉強会でいただいた資料を
ファイルにジャンル分けして
整理整頓した

一大イベントから特産品 郷土料理
こだわりの農家と美味しい飲食店
世界文化遺産や観光名所に
東京方面や大阪方面からのアクセス
城端線やバスのダイヤ
レンタカー レンタサイクル
季節ごとの祭りや催し事
作家や職人の手仕事
農業 林業 畜産業 地酒
森 川 里 海 自然との共存共生

人口減少社会
空き家対策
移住希望者促進
地域おこし協力隊の心構え

人類が避けて通ることのできない
エネルギー問題と食糧問題
最新型の街づくりエコビレッジ構想
南砺市まち・ひと・しごと創生総合戦略

結 合力 土徳の精神文化

文化事業の藝術
南砺が世界に誇れるもの

伝統工芸の高岡市
定置網の氷見市
富山県全域
金沢市 能登半島
北陸全域

対極にある点と点を
円周上で繋げて輪となし
回転させて球体を創る

深い大雪に覆われる白銀の世界
身動き取れなくなる前に
南砺の魅力を徹底的に調べ
南砺の問題を徹底的に調べる
動けるだけ動く
雪解けの春に情熱を爆発させる為に

南砺里山倶楽部
http://www.nanto-yui.jp/list/handcraft.php?id=1408488100

エコビレッジ構想 ECOTO
http://ecoto.jp

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

人は誰でも 強くあろうと願う 弱虫さ

2015年9月1日 南砺移住86日目

歯の矯正治療をすることにした
虫歯になったことは無いのだけれど
歯並びが悪かった
産まれて初めての歯医者さん
心臓が口から飛び出そうなくらい
ドキドキする

若かりし頃
友達の無邪気で悪気のない
「笑うと不細工だね」の一言
まったく気にしてなかったのだけれど
この綴っている日記の自分の顔が
笑っている写真が少ないことに
気がついたのである
もしかしたら心の奥の核なる部屋で
無意識のうちにコンプレックスが
あったのかもしれない
精神世界は複雑で繊細で底知れない

そして南砺に移住してから
人間ですから
落ち込む日もある
怖じ気ついてしまう日もある
不安で眠れない日もある
歯の矯正治療をすれば三年程はかかる

南砺で暮らす理由

さらなる飛躍する為にも
なにかひとつ
しがみつく十字架のようなモノが
欲しかったのかもしれない

人は誰でも
強くあろうと願う
弱虫さ

image

image

image

image

image

image

image

ぼくはだれにもおしえていない ひみつのばしょを いくつもかくしもつ

2015年8月31日 南砺移住85日目

なんにもしなかった

だれともあわなかった

おもひでをたどった

かってにめいめいした

たそがれのぶらんこ

ぼくはだれにもおしえていない

ひみつのばしょを

いくつもかくしもつ

なんとでくらしはじめたのは

とおいとおいむかしのことのよう

あたたかいひとにつつまれて

はちがつさいごのひ

このまま

そらもとべるようなきがした

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

祈り ありふれてるけど これしか浮かばない 世界が平和でありますように・・・

2015年8月30日 南砺移住84日目

四年に一度の
「南砺市いなみ国際木彫刻キャンプ」閉会式

十三日間にわたる国際交流と情熱の日々
黎明の横たわる巨木の頃から
途中経過の八割方 完成の御姿を
拝見させていただき
千秋楽のまるで魂が宿った
木彫刻像に成るまでを見届けた

僕の言葉はいらない
母国語で語った
世界中の作家のスピーチを
紹介する事としよう

「日本人のおくゆかしさに
寂しさを感じた日はなかった
友達がたくさんでき幸せだった」

「言葉では言い尽くせない
美しい南砺の自然
芸術を通して友情を感じた」

「作品の説明はしない
心で感じたままに見てください」

「井波の町は想像をかき立てる町
この町の伝統を守るのは皆様の責務です」

「お互い分かり合い
文字通り一緒に暮らしました
時の経つのは早いです
楽しい時間はあっという間でした」

「主催者 関係者 スタッフ ボランティア
完璧なおもてなしでした」

「彫刻 藝術は言葉を超えた存在
全てに感謝します」

「世の中が安全で平和で無ければ
このような祭典は開催できない
二十四年もの間
平和を享受することができました」

アルゼンチン共和国
オーストラリア連邦
中華人民共和国
チェコ共和国
ハンガリー
イタリア共和国
大韓民国
モンテネグロ
モロッコ王国
スイス連邦
トルコ共和国
そして日本

確かにそこには
まごうことなき平和が存在し
四年後の再会を誓って旅立っていった

祈り
ありふれてるけど
これしか浮かばない
世界が平和でありますように・・・

南砺市いなみ国際木彫刻キャンプ
http://inami-camp.city.nanto.toyama.jp/index.jsp

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

蒼いJCIとなみTシャツが眩しい

2015年8月29日 南砺移住83日目

「ぼくらの夏休み」
〜れきしたんけんたい〜
JCIとなみ(となみ青年会議所)主催
at 南砺市五箇山合掌の里

夏休み最後の
土曜日 日曜日を迎える小学生
青少年育成事業の世界遺産体験として
合掌造り模型の茅葺き屋根の
葺き替え体験の様子を
見学させていただきました

大人と子どもの全力の対話
いわば真剣勝負が始まったかのよう
想い想いの田楽行燈作り
見本に忠実に似せる子もいれば
感性の赴くまま独特の色彩にする子
どこまでも自由だ

遊びを通して
ここ五箇山の文化や歴史や伝統を
進んで学ぼうとする
元気いっぱいの子ども達
茅葺き初体験に眼を輝かせ
山とか川とか合言葉を掛け合いながら
秘密基地に潜伏した気分で
伝統の手法で茅を縫っていく

常に最高に楽しもうとする少年少女は
ステージでダンスを踊り出したかと思えば
縄で大縄跳びを始め出す予測不可能

となみ青年会議所のスローガン
「立志実行」を地で行く若者たちは
子ども達が安全で楽しく過ごし
そして時間通りに計画が実行されるよう
なに糞の根性で合掌造りを仕上げ
異常な重さになった模型を室内から野外へ
知恵を振り絞って運び出す
なにがなんでも成し遂げるという
驚異的な一体感

そして大人の世界も負けちゃいない
ポケットには楽しむ心を携えて
土台をムカデ競争のように愉快に大移動

揺るぎない眼差しの青年団
蒼いJCIとなみTシャツが眩しい
憧れの格好いい大人の男の背中を見て

もしかしたら
この子ども達の中に
すでに未来の茅葺き職人が
いるのかもしれない

公益社団法人 となみ青年会議所
http://www.tonamijc.or.jp/aboutus/

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

映画より 自分の人生の方が ドラマティックじゃないなんて 僕は許せない

2015年8月28日 南砺移住82日目

南砺には映画館がない
誰もが口をそろえて言う
一夜限りの
「 いのくち椿館 」で上映
“ ハッピー・リトル・アイランド ”を観た
こんなにも素晴らしい
町の映画館があるではないか

聴けば
「 いのくち椿館 」
「 あずまだち高瀬 」
「 井波 道の駅 木彫りの里 」
「 じょうはな座 」
ここでもスクリーンと
プロジェクターや音響があり
映画を上映できるという
ドキュメンタリー
コメディ映画
恋愛もの
アニメ
ミニシアター系
娯楽映画
ありとあらゆる藝術映画
文化事業の可能性に夢が膨らむ

照明が消え
真っ暗闇の中
目の焦点が定まって
浮かび上がる映像
そわそわしながら息を潜め
現実を忘れる
ここはどこ
別世界にのめり込む
エンドロールの余韻に浸り
ちょっぴり冒険した気持ちになる
見慣れた風景
いつもの帰り道
なんだか少しだけ
違って見えた

フィルムを逆回転して
真昼の太陽
上平村は楮集落の石垣棚田へ
合掌造りの茅葺き屋根を肥料にした
在来種 “ 五箇山ぼべら ”の収穫
ひとつひとつの棚田から
いくつ収穫できたか数をかぞえ
生い茂る草をかき分け
長いツルをたどり
どこの苗からどんな品質の
五箇山ぼべらが育ったか情報収集
在来種を守る
世界文化遺産 五箇山合掌造りを守る
途轍もない地道な努力
この美しい森からの
ご褒美の風が吹き
光る汗の雫が宝石みたい

映画より
自分の人生の方が
ドラマティックじゃないなんて
僕は許せない

いのくち椿館
http://nantogenki.com/tsubakikan/

ハッピー・リトル・アイランド
https://www.cinemo.info/movie_detail.html?ck=31

合掌の森PROJECT
http://www.gassyou-mori.jp/#!/c1bdb

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image