木霊の声

2015年8月22日 南砺移住76日目

森の人

木を切るということたと
先人が五十年もかけて
子どもの代 孫の代の為に
大切に育てられた杉

原生林とは異なり
人工林は
深い森林の底まで
太陽の光が届くよう
人間が間伐することで
森が生き返る

電動ノコギリで切れ込みを入れ
木槌でクサビを打つ
打ち付けるごとに傾いてゆく

立派で誇り高き大木が
眼の前で空気を引き裂きながら
スローモーションに倒れ
永い月日の走馬燈を垣間見る

いまだあまりにも現実感がない
コマ撮り映像のお伽話ような世界

僕の人生において
何かが変わった

あの大地に伏された時の
荘厳な振動音
いや木霊の声が
頭の中で鳴り止まない

ひとつの歴史が終わり
ひとつの歴史が始まった

(一社)moribio 森の暮らし研究所
http://www.moribio.com

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s