人が集う場所 それは挑戦する姿 そのものかもしれない

2015年7月17日 南砺移住40日目

霧雨煙る幻想的な朝
ご近所さん高桑 健さんの
葡萄農園の支柱を立てる
手伝いをする
トノサマバッタと戯れて
蜘蛛の巣が朝露に輝き
小さな可愛いショベルカーは
遊園地の乗り物みたい
慣れない作業も後半には呼吸が合い
速く そして綺麗に仕上げる
人間の適応能力は素晴らしい

昼過ぎに
地域おこし協力隊
内山くんこと うっちーと
井波の町に
「南砺市ゲストハウス+ツリーハウス(仮)」
を企画されている楠 知足さん達に
お話を聴きに伺いに行く
まだまだ公表できない事だらけなので
掲載する事はできないが
築110年の歴史的価値がある洋館風古民家
相当な修繕工事が必要ではあるが
ユニークで歴史ある建物を後世に残し
有効活用する事で
たくさんの人の憩いの場にしたいと
想いを話してくれた

キーワードは
「日本のサクラダファミリア」

まるで命を吹き込まれた
生き物のように
訪れるたびに変化して
多くの人々で育ててゆく
建造物になることでしょう

人が集う場所
それは物件や利便性
交通網では無く
挑戦する姿
そのものなのかもしれない

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s