土徳

2015年7月7日 南砺移住30日目

大福寺 太田住職
南砺の精神文化 土徳を学ぶ

この空間では
あらゆる宗教
あらゆる文化
あらゆる民族
あらゆる風土が
美しく調和している
それは互いの思想や哲学 神などでは無く
互いの「暮らし」を
尊敬しているからなのだと説く

大雪は恵
閉ざされた白銀の世界の中で
働かずに休息し
村の住人と肩を寄せ合い
己の人生観を深め
雪解けの季節
一気にその情熱を爆発させるのだ
それが南砺の地に生きる者

人にも花にも昆虫にも
モノにも動物にも森にも
全て物語がある
あなたはその物語を紡ぎなさいと
仰っていただき
心が晴れ晴れとした

浄土真宗の次に神道
僕が暮らす
大鋸屋神社 大祓の儀に参列
人が知らず知らずのうちに犯した罪や過ち
心身の穢を祓い清めるための神事
茅の輪は子宮を意味し
くぐる事で新たに産まれ変わる
村の行事のおかげで
顔と顔を合わせて話す機会になって
繋がりが深まってゆく

今日あった出来事を
湧々農場の吉田 稔さんに
興奮する僕の話を聞いてもらった
炭素循環農法みたいに
南砺の町をひとつの自然と考えて
そこに息づく人の物の事の
魅力を最大限に引き出す
この町を創るのは僕じゃない
この地で産まれ生きる あなたですよ
と伝えてゆこうと想う

七夕の日
たった一夜しか
咲き誇らない
月下美人
妖艶な香り
凛とした御姿
一眼
脳裏に焼き付けようと
真夜中に南砺の町を
駆け抜けた

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s