格好いい大人の男の背中を見た

2015年7月6日 南砺移住29日目

湧々農場は出荷の日
採れたての野菜を
終始 笑いの絶えない
和気あいあいとした
雰囲気の中で
愛情込めて梱包される

僕「収穫は誰もが
楽しいと思うけど
土壌作りなんて
素人の僕がいいんですか?」
吉田さん「お前さんに
今いっちばん大事なこと
やらせとるんのやぞっ」

吉田さん「わしはもう
耕すことをやめたっ」
僕「ええっ?!
とんでもない勝負に出ましたね」

僕「土から蒸気が昇って
温かいですっ」
吉田さん「生きとる証拠やっ」

吉田さん「見てみい
いろんな植物が共存しとる
これがやりたいんや」
僕「人間の手なんて
何一つ加えなくても
原生林は循環してますもんね」

僕「微生物を一匹残らず
4tトラックから降ろしましたっ」
吉田さん「わははっ
だんだん分かってきたな」

作業中も休憩中も
話が尽きない
僕は湧々農場に
仕事で来ているのでは無く
働きに来ているのだ
そしてここは
毎日のように訪問者がある

炭素循環農法の第一人者
城 雄二さんが来られていて
発酵と腐敗の違いや
生き物が出す二酸化炭素と
炎が出す二酸化炭素の違いや
美味しいとはなんぞやと
たくさん話を聞かせていただいた

精霊のような方で
僕は質問した時
どんな答えが返ってくるか
ある程度
予測したりしてしまうのですが
城さんの答えは遥かに超えていて
「 理学 」に基づいているそうな

城 雄二さんと吉田 稔さん
少年のような顔で
延々と土の話をしていて
格好いい大人の男の背中を見た

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s