花と蜜蜂と人間が紡ぐ物語

2015年7月3日 南砺移住26日目

蜜蜂が花を求めて飛び回り
せっせと働く
かつてアインシュタインが
遺した言葉
「蜜蜂が絶滅したら
4年で人類は滅亡する」

南山見自治振興会長 松田博志さんの
ラベンダーやクロモジから
アロマオイルを抽出する稼働実験を
地域おこし協力隊いのっちと見学

井波は院瀬見の道路沿いを
延々と続く紫色のラベンダー道
これまでは季節の終わりの枯れる頃
森へ廃棄されていたラベンダーを
自宅のガレージでバケツや石ブロック
身の回りのモノで創意工夫した
アロマオイル抽出機で生成
このバイタリティーは
まさにパンクスピリッツ

ボランティアで運営しているが
社交的集会の場所として
地元を活性化させられないかと
思索されていて
資金面や商品化と
乗り越えないといけない課題があり
いのっちと僕でアイデアを出し
市民協働課やエコビレッジ課 農林課にも
相談してみると約束した

描こう
花と蜜蜂と人間が紡ぐ物語

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s